外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【3分選考対策】博報堂の本選考対策まとめ

目次

博報堂に内定する3つのポイント

こんにちは、外資就活 マスコミ・広告チームです。

今回は広告代理店業界の中でもその事業内容や社風で高い人気を誇る博報堂に内定するための選考対策について、以下の3点と詳細な選考ごとの対策からお伝えします。

・難しい問題に対し素早く答えを出せる頭の良さ
・自然体で信頼関係を築くことができる素直さ
・困難に直面してもやり抜くことができるガッツ

※ 本コラムの情報は外資就活会員限定コンテンツ「選考体験記」から抽出しています。

難しい問題に対し素早く答えを出せる頭の良さ

博報堂の選考を突破するには、難しい問題に対し素早く答えを出せる頭の良さが必要です。

社員に対して「頭の回転が速い」「鋭い」といった印象を抱いた内定者が多く、頭の良さが社員の共通点となっていると考えられるからです。

また博報堂の選考では質問の数が非常に多く、難しい質問にも素早く回答することが求められます。

面接ではよく考えながら、端的に話すことを意識しましょう。

自然体で信頼関係を築くことができる素直さ

また、自然体で信頼関係を築くことができる素直さも重要です。

社員に対して「距離を感じさせない」「非常にフランク」といった印象を抱いた内定者が多く、素直さが社員の共通点となっていると考えられるからです。

また博報堂は「粒ぞろいより粒違い」という考え方を掲げており、自然体で話すことで伝わる「自分なりの良さ」を評価する文化があると考えられます。

面接では格好をつけたり話を誇張したりせず、ありのままに話すことを意識しましょう。

困難に直面してもやり抜くことができるガッツ

さらに、困難に直面してもやり抜くことができるガッツも大切です。

内定者には学生時代に困難な経験、苦しい経験を乗り越えてきた学生が多く、選考においても意志の強さが見られていると考えられるからです。

その一方で似たような経験をした学生は少なく、それぞれがユニークなバックグラウンドを持っていることが特徴となっているようです。

面接では自分の意志で行動しやり抜いた経験を、自分の言葉で話しましょう。

選考フロー

エントリーシート(ES)・筆記試験→1次面接→グループディスカッション→2次面接→内定

選考フローは上記の通りです。以下で詳しく解説したいと思います。

エントリーシート:自分らしい言葉で

選考内容
・時期:3月〜5月
・設問内容:
(1)ゼミ・研究室等、学業の内容(日本語150字以内)
(2)クラブ・サークル活動(日本語150字以内)
(3)趣味・特技等(日本語200字以内)
(4)資格等(日本語150字以内)
(5)学生時代に頑張ったこと/チャレンジしたことを、具体的なエピソードを交えて説明してください。
(1) タイトル(日本語30字以内)
(2) (1)で回答したタイトルの具体的説明をしてください。(日本語400字以内)
(6)あなたが博報堂/博報堂DYメディアパートナーズでチャレンジしたいことを教えて下さい。(志望順位に基づき記入してください)(日本語400字以内)
(7)あなたは一言で言うとどんなひとですか?その理由について3つキーワードを挙げ、それぞれ100文字以内であなたの経験を交えながら具体的に説明してください。
私は、*****です。*****に当てはまる言葉を入力してください。(日本語30字以内)
A欄 キーワード(日本語20字以内)
A欄 具体的説明(日本語100字以内)
B欄 キーワード(日本語20字以内)
B欄 具体的説明(日本語100字以内)
C欄 キーワード(日本語20字以内)
C欄 具体的説明(日本語100字以内)
(8)※選択
【A-1】
あなたの身の回りにある「もったいない」と思うことを教えてください。 また、それを解決するためのアイデアを考えてください。
※写真・絵などを使ってもかまいません。ただし、添付されたものについては返却できませんのでご了承ください。 このシートを出力し、必ず手書きで記入し、面接当日に持参してください。
【A-2】
「社会をよりよくするIoTを考えてください」
「よりよくする対象者」「よりよくする方法」については問いません。 自由に設定、企画して構いませんが、何をどう良くするかはきちんと伝わるようにしてください。 「内容」欄に企画を説明する絵図(※)を必ず入れてください。
※イラスト、テキスト、写真(そのまま貼り付けは不可、企画説明のために加工が施されているもののみ使用可)、絵(手書き)、画面イメージ等 ※写真・絵などを使ってもかまいません。ただし、添付されたものについては返却できませんのでご了承ください。 このシートを出力し、必ず手書きで記入し、面接当日に持参してください。
【B】
どうぶつせんきょ
※いずれか1つを選択し回答。キャリアディスカッション(早期選考)では(8)の提出は任意。
・結果通知方法:本選考分は5月中旬、キャリアディスカッション分は4月上旬にマイページで通知

自分らしい言葉で

博報堂のエントリーシートでは、自分らしい言葉で書くことを意識しましょう。

言葉の選び方ひとつで、面白そうかどうかといった文章の印象が大きく代わってしまうからです。

自分で考え選んだ言葉を使いつつ、思い付きだと思われないよう理由も論理的に説明しましょう。

通過者感想例:
・20数年生きてきた中で、自分という人間が体験してきたこと、考えてきたこと、大事にしてきたことを自分らしい言葉で表現するように心がけた。
・「わたしは、〇〇です」の質問は、目立ってなんぼである反面、ただの思い付きにならないような説得力が必要。3つの理由がリンクして初めの〇〇に繋がっていくように考えた。
・かなり恥ずかしいワードチョイスをしたが、そのワードをチョイスするところが一番私らしいと思ったため、思い切ってこのまま提出した。優等生でいるよりも、挑戦する姿勢が重要だと思う。
・広告業界ということもあり、一言で最もインパクトを与えつつ自分のことを伝えることができるかどうかという点にこだわった。

筆記試験:最低限の対策を

選考内容
・時期:3月〜5月
・試験形式:SPI(能力検査(言語・非言語)、構造的把握力検査)
・時間:能力検査(言語・非言語)35分、 構造的把握力検査20分
・試験会場:テストセンター
・合格ボーダー:不明
・結果通知方法:ES通過と同時にメールとマイページで連絡

最低限の対策を

博報堂の筆記試験では他社同様、最低限の対策を行っておきましょう。

ボーダーラインは高くないと言われているものの、明確な基準は分からないためです。

通過者感想例:
外資系に提出したデータを使い回した。テストセンターでの足切りはあまりないらしい。

1次面接:笑顔で元気よく端的に話す

選考内容
・時期:6月
・社員、学生の人数:学生1人:社員1人×2
・時間:10分×2
・内容:
(質問内容)
・自己紹介
・志望動機
・希望職種
・なぜ博報堂DYメディアパートナーズでなく博報堂なのか
・他に選考を受けている企業
・博報堂でやりたいこと
・具体的にどんな広告をつくりたいか
・研究内容
・周りの人からどんな人だと思われているか
・自分のどんなところが仕事に生かせるか
・学生時代に頑張ったこと
・その経験がどう仕事に活かせるか
・好きなCM/広告
・最近気になった製品やサービスとその理由
・OB訪問をしたか、そのときに印象に残ったこと
・プレゼン案について他にどんな可能性があったか
・最後に一言
・逆質問
など
・結果通知方法:3営業日後にマイページで連絡

笑顔で元気よく端的に話す

博報堂の1次面接では、元気よく笑顔で端的に話すことを意識しましょう。

参加する学生の人数が多く時間も短いため、印象が結果を左右する割合が少なくないと考えられるからです。

なぜ?に対する答えを持つ

また、なぜ?に対する答えを持つことも大切です。

なぜ?という問いかけに対して面接官を納得させる答えができなければ、思い付きで話していると思われてしまう可能性があるからです。

通過者感想例:
・非常に笑顔で和やか。学生のいいところを引き出そうとしてくれる。
・やりたいことと、自分がやってきたことをしっかりリンクさせた。また分からないことは素直に分からないと言った。
・プレゼンは、自分のアピールしたいことに繋がる案にした。ただの思い付きだと思われないように、何重にも根拠を重ねて構成した。
・広告業界に対する高校生のときからの想いが伝わったと思う。プレゼンについてもしっかりと時間をかけて作ることでやる気が伝わる。
・ブースが非常に多いので、面接官によって面接の雰囲気が大きく左右されるのではないかと思う。私の場合は非常にテンポよく進み、穏やかであった。
・面接官の方々は、一緒に仕事がしたいかどうかという視座をもって学生を判断しているように思った。

グループディスカッション:議論を良い方向に導く

■ グループディスカッション

選考内容
・時期:6月
・社員、学生の人数:学生8~10人:社員1~2人
・時間:240分
・議題:店頭購入かオンラインショッピングどちらが良いか
・発表方法:はじめに10分間個人ワークのを行い、各自1分間で発表。その後グループで65分間ディスカッションを行い、代表者1人が発表。(休憩後に社員面談会あり。)
・結果通知方法:翌営業日に電話かマイページで連絡

議論を良い方向に導く

博報堂のグループディスカッションでは、議論を良い方向に導く姿勢が大切です。

まとまりにくいグループディスカッションだからこそ、その中でより良い結論を出そうという姿勢が評価されると考えられるからです。

メンバーの間に立つ

また、メンバーの間に立つことを意識しましょう。

人数が多くひとりひとりの個性も強いため議論がまとまりにくく、その中で間を取り持とうとする姿勢が評価されると考えられるからです。

通過者感想例:
・面接官は巡回しているため、活躍している時に聞かれているかは運だと考える。自分は、ディスカッションの順序立て、方向修正、意見をまとめる役割だった。
・一人一人の個性が強く人数も多いため、チームがまとまらないときがあるが、その中でも10人のバランスを考えながら間を取り持つことができたところが評価されたと思う。
・議論を良い方向へと導こうとする姿勢が評価されたと聞いた。GDでは定義付けやターゲットの決め方次第で、結論が大きく左右される。意見や考えに対しての根拠をしっかりと持つことが大切である。

2次面接:会話のテンポを意識する

選考内容
・時期:6月
・社員、学生の人数:学生1人:社員3~5人
・時間:30分
・内容:
(質問内容)
・自己紹介/自己PR
・志望動機
・希望職種
・研究内容
・学生時代に頑張ったこと
・意見が合わない人/嫌いな人とどう付き合うか
・好きなCM
・最近気になった製品やサービスとその理由
・なぜ博報堂か
・博報堂と博報堂DYメディアパートナーズを志望する割合
・他に選考を受けている企業、その選考状況
・OB訪問をしたか、そのときに印象に残ったこと
など
・結果通知方法:1~2週間以内に電話で通知

会話のテンポを意識する

博報堂の2次面接では、会話のテンポを意識しましょう。

面接というよりも会話に近い雰囲気で質問の数も多いため、素早く端的に答えられることが高評価につながると考えられるからです。

通過者感想例:
・初めは雰囲気にのまれそうになるが、非常に和やかだった。1次同様、学生の良いところを引き出そうとしてくれる。
・かなり年次が上の方々がずらっと並んでいて緊張したが、皆さん優しく会話のキャッチボールをしてくださった。
・厳かだった。広い会議室の真ん中に、怖そうな方が3人並んでいた。
・非常に丁寧に聞いてくださった。面接というよりも会話に近いイメージを持った。
・手応えはなかった。司会進行者、圧迫係、優しい係の役割分担がされていたように思う。
しっかり3人の目をみて話すようにしていた。

博報堂/博報堂DYメディアパートナーズの研究

このカテゴリーに関する他の記事

もっと見る 元に戻す
このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)