外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【3分選考対策】電通の本選考対策まとめ

目次

電通に内定する3つのポイント

こんにちは、外資就活マスコミ・広告チームです。

今回は広告代理店業界の中でも常に首位を走り続ける電通に内定するための選考対策について、以下の3点と詳細な選考ごとの対策からお伝えします。

・事業理解・OB訪問人数で示す電通への熱意
・「人を楽しませることのできる」高いコミュニケーション力
・忙しさについていけるストレス耐性

※ 本コラムの情報は外資就活会員限定コンテンツ「選考体験記」から抽出しています。

事業理解・OB訪問人数で示す電通への熱意

選考を突破するには事業理解やOB訪問人数で示す電通への熱意が必要です。

内定者の多くが「選考過程では電通への熱意を見られていた」と話しており、熱意が重要な選考基準となっていると考えられるからです。

熱意をアピールするためには
(1)広告代理店の役割と実情、業界内での電通の立ち位置を理解する
(2) OB訪問を行う
といった方法が考えられます。

(1)広告代理店の役割と実情、業界内での電通の立ち位置を理解する
電通や博報堂をはじめとする広告代理店には多くの学生が応募します。

憧れだけで受けている「ミーハー」層も多いため、実際の業務内容を把握した上で電通でなければいけない理由をアピールすることにより、「本気度」を示すことができます。

(2) OB訪問を行う
時間と労力を費やしてOB訪問を行ったという事実を示すことで熱意を伝えることができます。面接でも、高い頻度でOB訪問の有無とその人数について聞かれています。

とはいえ例年OB訪問をせずに内定を獲得する学生も多数いるため、必須ではないでしょう。

「人を楽しませられる」高いコミュニケーション力

また、「人を楽しませられる」高いコミュニケーション力も必要とされます。

内定者の多くが選考過程で「面白い人間か」「人を楽しませることができるか」「堂々と振る舞えるか」「電通にいそうか」が重視されていたと語っており、これらを判断する基準がコミュニケーション力だと考えられるからです。

電通では新卒の学生を採用する際、営業としてやっていけそうかを重視していると言われています。

営業配属になった場合、若手でもクライアントの年配者と対等に渡り合わなければならないため、どんな状況でも堂々と振る舞えるかが見られていると考えられます。

また、広告代理店はプレゼン力が利益を左右すると言っても過言ではないため、ささいなことでも面白く見せ、相手を楽しませることができることが社員の共通点となっているようです。

コミュニケーション力をアピールするため、面接では
(1)端的に
(2)言葉選びに気を付けて
(3)普通のことを面白く

話しましょう。

(1)端的に
相手が退屈していないかに注意を払い、手短にテンポよく会話を進めるだけでもコミュニケーション力をアピールすることができます。

(2)言葉選びに気を付けて
常にユニークな言葉選びをする必要はありませんが、どこかで借りてきたようなありきたりな言葉ばかり使うと、「つまらない」と思われてしまう確率が一気に上がってしまいます。

(3)普通のことを面白く
変わったエピソードが面白いのは当たり前のことです。エピソードが普通であっても相手を楽しませる伝え方をすることが、コミュニケーション力のアピールになります。

忙しさについていけるストレス耐性

さらに、忙しさについていけるストレス耐性のアピールも必要です。

面接で「仕事は忙しいが大丈夫か?」といった質問を受けた学生が多く、ストレス耐性のある人を採用したいという意図があると推測できるからです。

ストレス耐性をアピールするためには、大変な環境でも頑張り抜くことができたエピソードが有効です。

課外活動やアルバイト、留学などの経験を伝えることで、自身の精神力や体力をアピールしましょう。

選考フロー

エントリーシート(ES)・筆記試験→1次面接→2次面接→3次面接→4次面接→内定

選考フローは上記の通りです。17卒では2次面接の代わりにグループディスカッションが行われるなど、選考ステップは毎年変化しています。

また、コンテストなどへの参加から早期選考に呼ばれたり、人によっては途中のステップが免除されることもあるようです。以下で詳しく解説したいと思います。

ES:「読ませる」内容を書く

選考内容
・時期:2017月3月下旬
・設問内容:
(1) 学業・クラブ・サークル以外の課外活動がある方はご記入ください。(80文字以内)
(2)学生時代に一番力を入れたことを、具体的なエピソードを交えながらご記入ください。(250文字以内)
(3) 電通を志望する理由をご記入ください。(250文字以内)
(4)「わたしがつくるのは、前例のない●●だ。」の●●を埋め、あなたが電通で成し遂げたい夢を教えてください。(30文字以内)
(5)現在のあなたを形成している、人生の3大エピソード(体験)を挙げてください。(400文字以内)
(6)あなた自身が、アイデアで課題を解決したエピソードを教えてください。 (400文字以内)
(7)世の中にある「まだ名前のないもの」を見つけ、共感される呼び名をつけてください。そして、その内容を説明してください。
(8)あなた自身にキャッチフレーズを付けてください。
(9)あなたを自由に表現してください。
(10)あなたがどうしてもやめられないことをこっそり教えてください。
※(9)は約20センチ×20センチのスペースに文字、絵、写真などを自由に使って記入する形式。
※面接では基本情報と(1)~(3)までが記載されたCommunication Sheet 1、(8)~(10)までが記載されたCommunication Sheet 2の2枚を印刷して持参。
結果通知方法:4月中旬にメールとマイページで連絡

「読ませる」内容を書く

電通のESでは、「読ませる」内容を書くことを意識しましょう。

電通はコミュニケーションで利益を上げる広告代理店であり、受験者にもコミュニケーション力の高さを求めているからです。

具体的には、面接官に「面白い」「面接でもっと話を聞いてみたい」と思わせることが大切です。

そのために
(1)印象に残るエピソードを
(2)シンプルにわかりやすく
(3)自分の言葉で

盛り込みましょう。

(1)印象に残るエピソードを
電通には例年非常に多くの学生がエントリーします。できるだけ他の学生と被らない、面接官の興味をひくエピソードを選びましょう。

(2)シンプルにわかりやすく
面接官は面接開始後に初めてエントリーシートを読むこともあるため、ボリュームが多い、わかりにくい内容は読み飛ばされてしまう可能性があります。内容はできるだけシンプルにまとめましょう。

(3)自分の言葉で
短時間で相手を惹きつけるには、「短く、それでいて強い言葉」を使うことが重要です。言葉選びには時間をかけ、自分らしい、自分が最もしっくりくる表現を探し当てましょう。

面接でのネタを盛り込む

また、ESには面接でのネタとなる内容を盛り込むことを心がけましょう。

電通の面接ではCommunication Sheet 1、Communication Sheet 2の2枚をもとに会話が進むからです。

特にCommunication Sheet 2については、「内容を上から下まで説明して」といった指示がされることもあります。

一つ一つの項目について面接で何を聞かれるか、それに対してどう答えるかを常にシミュレートしながら書きましょう。

エピソードに一貫性を持たせる

さらに、ESではそれぞれのエピソードに一貫性を持たせることに気を付けましょう。

設問を通して、受験者が「どんな人なのか」を知ることがESを課す大きな目的だからです。

エピソードの方向性がバラバラだと、「いろいろ書いてあったけれどよくわからない」ということになりかねません。

設問が多いため「あれもこれも書きたい」と思ってしまいがちですが、まず面接で残したいイメージを考え、そのためにどのエピソードを選ぶべきか逆算し取捨選択しましょう。

通過者感想例:
・コミュニケーションを大切にする会社だと思ったので、できるだけ読む人を楽しませることを意識した。
・広告の会社であるため、とにかくまず読んでもらうことを意識した。そのため、最初で目を引くように書いた。
・文字数が少ないので端的に、わかりやすく伝えたいことを伝えることに配慮した。
・自分なりの解釈や論理などを入れ、自分の言葉で面白く伝わるように書いた。
・ESで落ちることはほぼないと聞いていたが、面接官の手元にはESがあるので気は抜けない。
・字数が短いので、ESに全部盛り込むのではなく面接でES以上の話を提供できるようにした。
・面接で深掘りされたときにどう答えるかを一つ一つシミュレーションして書いた。
・全体として一貫性があるようにつながりを意識して書いた。
・Communication Sheet では、文章で自分のエピソードについて語った。絵だけで通過した人もいれば写真を貼って通過した人もいるので、「こう書いたほうが通る!」というものは無いだろう。
・テーマが面白いので考えれば考えるほど悩んでしまうと思うが、そこを楽しんでしまうと他の企業のES作成に支障をきたすので、ある程度割り切りも必要かと考える。

筆記試験:最低限の対策を

選考内容
・時期:3月
・試験形式:SPI(能力検査(言語・非言語)、構造的把握力検査)
・時間:能力検査(言語・非言語)35分、 構造的把握力検査20分
・試験会場:テストセンター
・合格ボーダー:8割前後か
・結果通知方法:ES通過と同時にメールとマイページで連絡

最低限の対策を

電通の筆記試験では特別な対策をする必要はありませんが、他社同様、最低限の対策は行っておきましょう。

選考はES重視と言われておりボーダーは高くないと予想されるものの、早慶レベルでもこの段階で不通過となる学生がいるためです。

通過者感想例:
・電通はテストセンターで落ちることはほぼないと聞いていたが、不安だった。
・全く自信の無いテストセンターの結果を送りましたが通ったので、ES重視だと思う。
・自身の正答率は9割弱。周りの学生を見ていると8割前後がボーダーラインのように思われる。
・ここ数年でボーダーが上がったと聞いていたので参考書で対策した。早慶上智レベルでも落ちている人がいたので自信がない人は対策をおすすめする。

1次面接:基本的なコミュニケーション力のチェック

選考内容
・時期:4月
・社員、学生の人数:学生1人:社員2人
・時間:10~30分
・内容:
(質問内容)
・自己紹介
・志望理由
・希望部署、それ以外になった場合どうするか
・学生時代にやったこと
・研究内容
・リーダー経験
・逆境を乗り越えた経験
・周りの人からどう評価されているか
・嫌いな人
・どんな時にストレスを感じるか
・休みの日は何をしているか
・電通でやりたいこと
・OB訪問をしたか、その人数
・最近面白いと思ったサービスや商品
・好きなCM
・これからの広告業界の展望
・他に選考を受けている企業
・Communication Sheet 2について詳しく
・逆質問
など
※18卒では「キャリアマッチングセミナー」という名称で面接が行われた。

基本的なコミュニケーション力のチェック

1次面接では、質問の意図を素早く理解し、自分の考えを簡潔に分かりやすく伝えることができるかといった基本的なコミュニケーション力がチェックされます。

面接官を飽きさせないよう、相手の反応を見ながら臨機応変に会話を進めることが大切です。

通過者感想例:
・1次ではありながら、年次も高そうな方々が面接官で、大勢の学生がここで落とされたように感じる。
・営業の方は和やかな表情で、マーケティングの方は鋭い視線だった。
・序盤で志望動機を述べた際には少し圧迫感を感じたが、それを乗り切った以降は笑顔が絶えなかった。
・きちんと広告業界の役割、実情を理解しているかどうかだと思う。
・志望動機を話す際にOB訪問でこう伺ったなど、自分の行動によって取ってきた情報を話せるとかなり評価が高いと思う。

2次面接:部長クラスによる「本気度」のチェック

選考内容
・時期:5月
・社員、学生の人数:学生1人:社員2人
・時間:30分
・内容:
(質問内容)
1次面接とほぼ同様
・結果通知方法:5月上旬にメールとマイページで通知

部長クラスによる「本気度」のチェック

基本的な質問に加えて、志望度の高さやストレス耐性に関する質問を通して電通に対する「本気度」が問われます。

電通でやりたいことをしっかり準備するなど、熱意を伝え切る準備をして臨みましょう。

通過者感想例:
・1人が優しく、1人が怖いが、こちらが楽しんで笑わせようとしていれば、結構話が盛り上がる。最初は萎縮したが、とても楽しい面接だった。
・非常に和やか。ESに沿ったベーシックな質問に加えて、ストレス耐性と電通の志望度の高さを見られていたように感じた。
・自分の土俵で相手が知らないことをいかに面白そうに喋るかが大事だと思った。
・意外と質問は普通で、変わったことをしていた経験が良いかと言われればそうでもないと感じた。それよりも、過程をいかに具体的に面白く話すかがポイントだと思う。
・ワーカホリックな部分があると答えた。大学院生であるため、研究よりは楽だと強がっていたところも評価されたと思う。

3次面接:実質的な最終面接

選考内容
・時期:5月
・社員、学生の人数:学生1人:社員2~3人
・時間:20~45分
・内容:
(質問内容)
1次面接、2次面接とほぼ同様
・結果通知方法:5月上旬にメールとマイページで通知

実質的な最終面接

電通の4次面接は「あくまでも意思確認の顔合わせの場であって選考ではない」と言われているため、3次面接が実質的な最終面接となります。

基本的な能力などについては、ある程度2次面接までで評価されていると考えられます。

そのため3次面接では電通で働く覚悟、電通で働きたいという熱意をアピールしましょう。

通過者感想例:
・2次面接と同様で、少し硬い雰囲気だが、それを壊せばとても楽しい面接になる。
・所々圧迫するような質問もあるが、自分の軸を持っていれば基本的に大丈夫である。
・電通以外もしっかりみて、その違いを踏まえた上で志望しているかは見られていた気がする。
・忙しいけど大丈夫か?というところをとにかく強調された。労働環境は改善されつつあるが、基本的に耐性がある人を取りたいスタンスは変わらないようである。自分なりの論理を持って大丈夫だと話した。
・出来るだけ自分の長所(根性)と、本当に電通に行きたいという気持ちを印象づけられるように、感情を込めて話した。
・希望していた部署に行けないかもしれないけどどうする?というニュアンスの質問が多かったため、それでもいいから電通で働きたいという意思をはっきりと伝えた。

4次面接:役員による意思確認の場

選考内容
・時期:5月
・社員、学生の人数:学生1~6人:社員1~6人
・時間:5~25分
・内容:
(質問内容)
・自己紹介
・志望動機
・研究内容
・志望度合
・入社意思
など
・結果通知方法:当日その場で直接通知

役員による意思確認の場

4次面接は役員との顔合わせと意思確認の機会であり、実質的な選考はすでに3次面接で終了しています。

そのため質問も二つ程度と少なく、事前に人事から簡潔に答えるように指示があるようです。

よほどのことがない限り全員が通過しますが、最後まで気を抜かずに臨みましょう。

通過者感想例:
・役員の方は全員厳かな雰囲気だった。
・終始和やか、面接というよりも意思確認の顔合わせ。
・面接というよりは意思確認だと認識していたので、緊張せず、とにかく笑顔で人懐っこさを出すように意識した。
・いつも通り、聞かれたことに対して正確かつ簡潔に、会話のテンポに気をつけながら話すように心がけた。
・選考の意味合いはほとんどなく、ほぼ意思確認と顔合わせのための最終面接だった。

電通の研究

このカテゴリーに関する他の記事

もっと見る 元に戻す
このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)