外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

電通(総合職)の年収・初任給・給与制度

目次

電通(総合職)の年収

平均年収 平均年齢
電通(全職種) 1,248万円 40.3歳
電通(総合職) 推定1,300万円~1,800万円
電通(30歳時点) 推定1,000万円
電通(40歳時点) 推定1,300万円~1,800万円

電通(総合職)30歳時点

電通(総合職)40歳時点

(国税庁「平成28年度 民間給与実態統計調査」、有価証券報告書、Vorkersのデータを参考に外資就活編集部作成)

 電通では、新卒社員が30歳になるまでに1,000万円の壁を突破することがほとんどです*。しかし、残業代を除く基本給が1,000万円を超えるのはさらに時間がかかり、入社後10年以降になることも少なくありません。初年度から残業をどの程度するかによって、給与に100万円単位の違いが発生することもあります。ただし、企業全体で残業のあり方に大きな見直しが実施されているため、残業しづらくなっているのも事実です。そのため、給与が伸びにくくなっている印象を受けている社員も多くいます。 30代の後半からは1,500万円を超える人も増えてきます。もちろん、役職に就くかどうかによっても給与が大きく変わってきますので、残業代によって報酬に差が付いた20代とは異なり、役職によって報酬に差が付くようになります。部長以上のクラスになると1,600万円を超えるようになります*。

(*はVorkersに寄せられた社員口コミを参考に外資就活編集部作成)

 ▶業界内平均年収比較

(有価証券報告書を基に作成 )

 大広と読売広告社、朝日広告社は、博報堂ホールディングスに属していますので、自社公式サイトでは有価証券報告書を公開していません。そのため、博報堂の給与水準に準ずるものと推測されます。 総合広告代理店業界では、電通と博報堂ホールディングスの2強時代が長く続いています。給与は電通が博報堂ホールディングスよりも平均で200万円も高い水準となっていますので、広告業界で高収入を目指す人には電通は良い選択肢と言えます。

電通(総合職)の初任給

初任給:月給24.0万円(大学卒) ※院卒:月給24.0万円

 ▶業界内比較

(各社採用HPを基に作成 ※2019年度時点)

 総合広告代理店の中では高収入な電通ですが、初任給はあまり高くは設定されていません。大卒社員で初任給は24万円ですが、この中には勤務地による手当(東京の場合は2.4万円)も含まれていますので、勤務地によってはさらに低くなる可能性があります。 尚、博報堂の給与は年棒制ですので、28.5万円という数字は年棒342万円を12で割って求めています。この年棒に年1回の業績賞与がプラスされますが、電通をはじめとする他の企業(アサツーディ・ケイと読売広告社、朝日広告社)では年に2回の賞与が支給されますので、初年度に受け取る報酬自体は企業間にそこまで大きな差が生まれないと推測されます。ただし、残業時間によっては初年度であっても手取り月給が50万円を超えることもあります。

電通(総合職) の役職/年次と年収

役職名 年次(目安) 給与(推定)
役職なし 22歳〜28歳 500万円~800万円
専任部長 32歳〜 1,300万円〜1,500万円
ライン部長 40歳〜 1,500万円〜1,800万円
管理職 45歳〜 2,000万円

Vorkersのデータを参考に外資就活編集部作成)

(国税庁「平成28年度 民間給与実態統計調査」、Vorkersのデータを参考に外資就活編集部作成)

 残業時間によっては初年度でも年収500万円を超えることは可能です。その後、順調に年収が増え、入社10年で平均1,200万円ほどの年収になります。もちろん、残業代によっても増減しますが、22時以降の残業が禁止される等、電通内の労働環境も変わってきますので、以前よりも年収が残業代に左右されにくいようになっています。 早期に管理職に昇進すると40歳を超える時点で年収が2,000万円を超えることもありますが、平均的には入社20年程度で1,600万円~1,800万円となることが多いです。総合広告代理店業界のみならず、日本企業の中でもかなりのハイレベルな給与体系になっています。

電通(総合職)の主な福利厚生

  • 住宅取得支援制度
  • 社宅制度
  • 健康管理センターの利用
  • ベビーシッター派遣料の補助
  • スポーツジムの利用補助
  • ファミリーデー など

(採用HPのデータを参考に外資就活編集部作成)

 電通では、社宅制度や住宅取得支援制度を始めとした住居に対する支援、健康管理センターやスポーツジムなどの健康に対する支援が充実しています。また、特筆すべき福利厚生制度として育児休業とその後のサポートを挙げることができます。電通では育児休業取得者の復職率が100%(2016年時点)となっており、フレキシブルな働き方ができる企業としての評価を得ています。

 また、海外転勤となる場合は、海外就業手当も支給されます。ただし、国内業務が多い職場ですので、海外転勤となる機会はすべての社員に対して開かれているとは言い難いです。

電通(総合職)の年収1,000万円到達年齢、到達できる確率

到達年齢(目安) 到達できる確率(推定)
28~32歳 100%

 残業代に左右される部分はあるものの、ほとんどの正社員は30歳前後で年収1,000万円に到達します*。入社してすぐの時点でも、残業さえこなせば年収500~800万円は可能ですので、働きがいのある職場と言えます。ただし、年収1,500万円~1,800万円までは勤務年数に応じて昇給していきますが、統括部長等の管理職に就かないと年収2,000万円を超えることは容易ではありません。

(*はVorkersに寄せられた社員口コミを参考に外資就活編集部作成)

電通(総合職)について、更に詳しく

電通や他の広告代理店についてさらに研究したい方は、こちらも是非参考にしてみてください。

【関連企業の年収・初任給・給与制度】

【関連コミュニティ】

【関連コラム】

【選考体験記】

電通の研究

このカテゴリーに関する他の記事

もっと見る 元に戻す
このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)