外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

日本IBM

日本IBM

IT、コンサルティング

日本IBM

企業紹介

DNA of Innovation

Be essential. お客様や社会から最も必要とされる存在となるために、IBMは困難な課題の解決にテクノロジーで貢献しています。

100年以上にわたり、小売から金融、スポーツ、宇宙産業にいたるまで、さまざまな領域で世界を変えるイノベーションを次々に起こしてきたIBMは、Forbes社『世界で最も価値あるブランド』ランキングで常にトップ10入りを果たすほか、25年連続で米国特許取得数1位を獲得、さらに創立以来6名のノーベル賞受賞者を輩出するなど、確かな実績に裏付けられた世界有数のリーディング・カンパニーとしてIT業界を牽引しています。 そんなIBMのイノベーションの原動力は多様性です。

ダイバーシティー推進を経営戦略の軸の一つと捉え、年齢や人種、思想、性的指向、障害の有無などに関わらず自らキャリアを築いていける環境を整えています。

世界中で蓄積した技術やノウハウを結集し、企業変革を支援するだけでなく、さまざまな社会課題に立ち向かうことでより良い世界をつくることがIBMのミッションです。

人工知能やブロックチェーンなどの新しいIT への注目が高まる今、IBMは、IBM Watsonを中核とするコグニティブ・ソリューション、それを支えるクラウド・プラットフォームや高性能な製品群、そしてコンサルティングをはじめとする包括的なITサービスによって、お客様の成功を力強く支援し、社会に大きなインパクトを与えています。

常識を覆すテクノロジーとビジネスの新たな時代を、私たちIBMerと一緒に切り拓いていきませんか?


「教育に飽和点はない」ー 自ら学び続ける文化

教育に飽和点はない―これはIBMの教育に対する基本理念です。
絶えず変革を起こし続けるIBMでは、年次や役職に関わらず全ての社員が、常に最先端の知識とノウハウをもつことが求められます。充実した新人研修や社内勉強会の他、Watsonを活用した教育支援ツールにより、数万に及ぶ世界共通の研修プログラムの中から社員一人ひとりに最適なものを提示するなど、社員の成長を最大限に加速させる体制を整えています。

<主な受賞・表彰・ランキング>
・米国特許取得件数25年連続第1位(2017年)
・IBM創業以来、5名のノーベル賞受賞者を輩出
・Fortune誌「優れたリーダーを輩出する企業」第1位(2011年)
・キャリア教育アワード(経済産業省主催)優秀賞(2013年)


グローバルな協働によるイノベーション

IBMでは、世界中で37万人以上の社員が、170ヶ国以上にあるビジネス拠点で活躍しています。
IBMで働くとは、全世界に散らばった優秀なIBMerから構成される、グローバルなコミュニティの一員となることです。
例えば、IBMの社会貢献活動の1つであるコーポレート・サービス・コーでは、NGOとパートナーシップを組み、全世界から集められたIBMerによる海外支援チームを組織・派遣することで、開発途上国を支援しています。

このような境界を越えたコミュニティの力によって、IBMは1世紀以上に渡り、イノベーションを生み出し続けてきました。 世界初の汎用コンピューターやコンピューターが職場・家庭に普及する契機となったパソコンも、IBMが生み出したものです。また、アポロ11号の月面着陸や前回の東京オリンピックもIBMのシステムを活用し、実現されていました。私たちの日常生活でなじみ深いところでいうと、現在使用されている形のバーコードやコンビニATMというビジネスモデルもIBMが生み出したものです。

このように国境を越えてさまざまな専門性を持つ社員が協働することによって、IBMはこれからも、世界をより良い方向へ変えていきます。IBMで一緒に世界を変える仕事をしていきませんか?


ダイバーシティ(多様性)の尊重

IBMのイノベーションの原動力は多様性です。年齢や人種、思想、文化、性的志向、障害の有無などに関わらず、全ての社員が最大限に能力を発揮し、自らキャリアを築ける環境を、時代に先駆けて整えてきました。

多様な視点を活かして社員自らが課題を見つけ、行動を起こし、責任を持つ、そんなリーダーシップこそがIBMに受け継がれてきた文化です。多様な視点を持つ一人ひとりの意志を、私たちは大切にしています。

またそれらの多様性は、社員が柔軟な働き方によって、それぞれの能力を最大限に発揮できる職場環境があることで実現されています。
社員であれば、ライフサイクルにあわせた休職・休暇はもちろんのこと、フレックスタイムや裁量勤務の制度を活用し、自分のライフスタイルにあわせて日々の勤務時間を調整することができます。また在宅勤務やモバイルワーク、ホームオフィスの制度も使いながら、もっとも仕事に集中できる環境を選んで働くこともIBMerの特徴です。

このような制度があることで、例えば、ある日は朝早く起きて集中して仕事を進める、またある日はゆっくり起きて自宅で夜中まで海外の同僚と勉強会をする、別の日には子どもを幼稚園に送り届けてからオフィスに来る、といったように、自分のパフォーマンスが高まる働き方で仕事に臨むことができます。

<主な受賞・表彰・ランキング>
・Workplace Pride「世界で最もLGBTを受け入れる会社」で3年連続第1位(2016年)
・日経WOMAN「女性が活躍する会社ベスト100」で3年連続第1位(2013年)
・総務省テレワーク先駆者100選に認定(2016年)
・厚生労働省「くるみん」マークを4期連続で取得(2015年)


2020年度新卒採用 エントリー開始

2018年11月6日(火)AM11:00より、エントリー受付を開始します。
【詳細を確認する】ボタンよりご応募ください。

実施要項

募集種別 本選考
募集職種 【募集職種】
・コンサルタント
・ITスペシャリスト
・データサイエンティスト
・デザイナー
(※営業、製品開発エンジニア等の他職種については選考時期が異なります)
仕事内容 ■■■コンサルタント■■■
人工知能やブロックチェーンのような先進テクノロジーが、社会や企業の姿を、そして人々の生活を変えていく時代です。その中でIBMのコンサルタントは、コンサルティング能力・最新の業界・業界動向の知見に加えて、先進テクノロジーに関してIBMがもつ深い洞察を活用し、真のグローバルカンパニーの一員としてボーダーレスに活動することで、ビジネスのデジタル化など、お客様企業の変革を支援しています。

1. 戦略コンサルタント
お客様企業の経営者のパートナーとして、創造的破壊の時代に適応するために、「ビジネス×先進テクノロジー×顧客体験」の洞察に基づいて「何をすべきか」を明らかにし、その実践を強力にドライブします。経営課題(アジェンダ)の設定、企業の将来像(ビジョン)の策定、ビジョンを実現する戦略策定、さらには変革のロードマップを定義し、その実践を推進します。

2. ビジネスコンサルタント
AI、Watson、IoT、ブロックチェーン、SaaS等の先進テクノロジーや、プロセス改革のスキルを活かして、お客様企業の業務変革を支援します。製造、販売、物流、会計、人事、マーケティング、顧客接点、業界特有プロセス等の業務領域全体が対象です。構想策定から検討施策の実現支援、その後の業務アウトソーシングサービス提供までEnd to Endで幅広く対応しています。

3. ITコンサルタント
企業の屋台骨であるデジタルコアの構築をERPやSaaSの技術を活用して実現します。また、デジタルコアに蓄積された膨大なデータを活用し、競争優位につなげるIT戦略の策定、および人工知能やブロックチェーンのような先進テクノロジーをてこにして、企業の変革や海外進出を支援します。

■■■ITスペシャリスト■■■
ITのプロフェッショナルとして、お客様の目指す変革を具現化します。単なる情報システムの提供だけではなく、お客様のビジネスに新たなイノベーションを生み出すITソリューションの提供がミッションです。要件定義から、設計、構築、保守・運用まで、プロジェクトの幅広いフェーズで活躍するため、高度な技術や最新のIT知識を持つだけでなく、お客様やチームとコミュニケーションをとり協業・リードできる事も重要です。
将来的には、技術分野のスペシャリストをはじめとして、大小さまざまな規模のプロジェクトを管理するプロジェクト・マネージャーや、お客様の課題を解決するシステムの全体設計を担うアーキテクトなど、幅広い分野で活躍しています。

■■■データサイエンティスト■■■
機械学習や最適化を中心としたデータ分析技術を活用して、お客様のビジネスを未来へと導きます。まず、お客様の困り事や目指す事に全力で耳を傾け、お客様が向かうべき未来について懸命に考えてその姿を描きます。そして、それを実現するベストな方法を数多くのデータ分析技術の知見を駆使して考えて、プロフェッショナルとして実現します。「機械学習・最適化の専門的な知識・スキルを駆使してお客様や社会の未来を創る」、そういう醍醐味を味わえる仕事です。

■■■デザイナー■■■
デザイナーとして、多様な業種・業界のお客様が目指すイノベーションに対して、ユーザーエクスペリエンスに関する深い知識や経験をベースに最適なデザインを提案し、エンドユーザーにとって本当に価値のある体験を提供します。 B2B、B2C問わず、従来のビジュアルインターフェースはもちろんのこと、音声や触覚などの接点技術や、人工知能を活用した現実の提供など、デザイナーが新しい体験のために活用できる要素技術が多種多様となっている今こそ、それらに踊らされることなく、真のエンドユーザーへの体験価値をデザインする必要があります。 まずは、OJTでビジュアルデザインの経験をしっかり積んでいただきます。その上で、より上流の業務、ビジュアル以外のインラタクションのデザインなど、自分の領域を広げていただきます。 デザインのプロとしてのこだわりを備え、変化に柔軟に対応しつつ、他の専門領域のメンバーと共にチームでモノゴトを創っていく仕事です。
給与 <Reference Salary(2017年度 実績)>
・大学(学士): 4,803,000円  (本給 : 279,400円 × 12ヶ月 + 賞与基準額:1,450,200円)
・大学院(修士): 5,008,000円  (本給 : 291,300円 × 12ヶ月 + 賞与基準額:1,512,400円)

■■■ Reference Salary について ■■■
Reference Salary = 本給 x 12ヶ月 + 賞与基準額 *
※注1: 賞与基準額*について、実際の支給額は会社業績および個人業績、そして賞与算定基礎期間における在籍状況・出勤率などにより変動します。
※注2: このほか、当社規定により、通勤費、所定労働時間外勤務手当、Growth Driven Profit-sharing などが支給されます。
諸手当 ■■■ 福利厚生 ■■■
<財産形成>
退職給付制度(「確定拠出年金制度」適用)、社員持株会、財形貯蓄、提携住宅ローン <健康管理> 定期健康診断、IBM Fitness Center GENKI、健康相談ほか

<日本アイ・ビー・エム健康保険組合>
医療給付、健康診断/保健指導/疾病予防、保養施設ほか

<その他> 通勤費支給、こがも保育園、みつばち保育園、慶弔見舞ほか
勤務地 東京、神奈川、千葉、大阪、京都、愛知、広島、福岡他、全国の日本IBM事業所
教育制度 <入社前研修(内定者向け)>  
・入社後の組織への理解を深めるとともに、現場で活躍している若手社員とのコミュニケーションの場も複数用意しています
・職種に関係なく必要な基礎スキル(ビジネスマナー、ロジカルシンキング、英語・ITの習得の仕方 等)を学ぶ場もあります
・若手社員が内定者のアドバイザーを実施しているので、わからないことがあればいつでも相談に乗ってもらえます

<新入社員研修>
新人研修概要:
・現場で戦力となるために必要なマインド・スキルを習得できる新人研修を実施しています(約3ヶ月間半)
・社会人としての基本スキル(マナー等)、基礎的なコンサルティング+ITスキルを職種に関係なく身につけていただけます
・職種別の特別研修も実施しています(領域により異なりますが約1-4週間)
(※対象: コンサルタント(戦略/ビジネス/IT)、データサイエンティスト、ITスペシャリスト、デザイナー)

<スキルアップ(新入社員研修後)>
入社後2年間は「CbD(Consulting by Degrees)」という包括的な育成のためのグローバル共通プログラムが用意されています  CbDでは、
・新人研修のみでなく、新人研修後も定期的に構造化された教育カリキュラム受講の機会があります
・コーチングやメンタリングを受ける事ができ、仕事やキャリアの悩みを相互に相談し合う場があります
・ケイパビリティ向上を目指し一定期間で成果を上げる自主勉強会などのコミュニティに参加ができます
・実際のビジネスにつなげるために、若手が主体として実施するビジネスインキュベートプログラムも実施しています
・グローバルCbDコミュニティに自由に参加し、様々な活動を行えます

<メンター制度>
全世界のIBM社員を検索できる社内システムが用意されており、ロールモデルとなりうる人にすぐに連絡を取ることができます。また、「Feedback is a gift」を掲げるIBMでは、専用のモバイル・アプリケーションを活用して上司や同僚、メンターなどと気軽にフィードバックを贈り合える環境を整えています。
応募資格 2020年度 4月に入社可能な方(学部・学科、職歴の有無、不問)
・一部の選考では、2020年10月に入社可能な方もご応募いただけます
・詳細は、各選考のご案内をご確認ください。
お問い合わせ 日本IBM 新卒採用センター
Email: saiyo12@jp.ibm.com

会社データ

設立日 1937年6月
事業内容 IBMは世の中の困難な課題をITを使って解決しています。高齢者の支援、最適な教育プランの提案、さらには難病の治療まで、IBMはさまざまな分野で貢献しています。金融、製造などの民間企業から、病院、学校といった公的機関に至るまで、変革を求めるすべての組織が、IBMのお客様です。人工知能やブロックチェーンなどの新しいIT への注目が高まる今、私たちは、IBM Watsonを中核とするコグニティブ・ソリューション、それを支えるクラウド・プラットフォームや高性能な製品群、そしてコンサルティングをはじめとする包括的なITサービスによって、お客様の成功を力強く支援しています。
URL http://www.ibm.com/ibm/jp/ja/
住所 〒103-8510
東京都中央区日本橋箱崎町19-21
資本金 1,053億円
代表者 エリー・キーナン
従業員数 非公開

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


日本IBMの研究

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)