外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

シーメンス

シーメンス

ITサービス・情報処理

シーメンス

企業紹介

事業戦略

【課題解決を導くDXソリューション】
シーメンスの方向性は「リアルとデジタルの融合」です。デジタル世界での緻密なシミュレーションによって導いた理想形を、リアル世界で再現することで、省資源かつ効率的に、従来以上の成長を実現できるでしょう。より豊かな未来を、より多くのお客様と共有できるよう、シーメンスはこれからも毎日を変革し続けます。


企業理念

【Transforming the Everyday】
ー人々が過ごす毎日を、より便利で豊かなものに変革したいーこの強い意思こそ、創業以来170年以上にわたって受け継がれてきたシーメンスの理念であり、絶え間ない技術革新や事業拡大を支えてきた原動力でもあります。ドイツ・ベルリンの一画で、小さな作業場から始まったシーメンスの歴史は、まさに変革の歴史であり、その歩みはこれからも止まることはありません。


ビジョン

シーメンスが刻んできた変革の歴史は、時代ごとの社会課題を解決してきた歴史でもあります。現代社会もまた、大規模な環境変化を背景に、多様かつ深刻な課題に直面しています。
私たちの社会が、そしてそこに生きるすべての人々が、より豊かな未来を歩んでいけるよう、シーメンスは「デジタル」を軸とした先進技術を駆使して、これからも社会に新たな変革を提案し続けることをお約束します。


社風

【オーナーシップカルチャー】
シーメンスには社員一人ひとりの「オーナーシップカルチャー」という理念が根付いています。オーナーシップカルチャーとは、会社のオーナーの一人であるという責任を持ち、自ら考え行動することです。この共通理念のもと、社員全員が自ら働き方を振り返り、成長しています。


トレーニング制度

シーメンスは⼈材育成に⼒を⼊れています。
新卒社員向けの社会⼈基礎スキルや IT 基礎スキル研修はもちろん、⾃社ソフトウェア製品の扱いに必要なテクニカルスキル研修や、語学研修も実施しています。
中堅社員向けの研修では、ネゴシエーションやファシリテーションなどの研修から、プロジェクトマネージャーのための PMP® 資格取得の⽀援も⾏っています。
また、営業向けの Challenger Sales Workshop や、次期リーダー候補向けのマーケティング・経営基礎研修を外部講師を招いて実施し、さらに、⼤学が開催する短期ビジネスセミナーに幹部社員を派遣するなど、リーダーシップ研修も充実しています。

その他、英語研修やビジネススキル研修など、多くのラインナップを取りそろえており、社員の学びを支援する体制を整えています。

社員紹介

シーメンスの社員紹介

E.T. / 2018年入社

Simcenterカスタマーサポート本部

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

【一歩踏み込んだサポートでお客様とwin-winの関係に】

現在私はSimcenter カスタマーサポート本部に所属しております。カスタマーサポートはお客様と深く接することが出来るため、エンジニアとしての知識を蓄えつつ、スキルアップのために自分で勉強する時間も充分に確保できますので、自身の成長に繋がる環境だと感じています。

私のように大学の専攻と現職の専門分野が一致する社員ばかりではなく、現在の専門とは異なるバックグラウンドから、配属後に先輩エンジニアと一緒に働き知識を積み重ねて専門性を確立する人も多く、学習意欲の高い方が周りにいるので非常に刺激になります。

現在私が担当している業務は、「Simcenter STAR-CCM+」というソフトウェアをご利用いただいているお客様へのサポートです。

「Simcenter STAR-CCM+」というのは、粒子や電気、熱、流体、混相流など多岐にわたる物理特性を把握できるシミュレーションソフトウェアです。例えばロケット・エンジンでいうと、燃料の使用量に応じて速度、エンジンにかかる負荷や熱量計算ができるなど、多角的な観点からシミュレーションが可能になります。

製造業ではこれまで何度も試作品を作っては試行錯誤していましたが、このソフトウェアを使うことによって、あらかじめ製品のパフォーマンスや安全性をある程度予想することができるようになります。

Simcenterカスタマーサポートの組織は、製品ごとにグループが分かれており、さらにその中でも1次元シミュレーション、3次元の構造解析や流体解析といった分野ごとに専門のチームが分かれています。私は重工業系のお客様の3次元流体解析に特化したチームに所属しているのですが、チームメンバー6名の他に、部門を超えて他のチームともやり取りを行うことが頻繁にあります。

シーメンスは、大きく分けてアプリケーション開発をするエンジニア寄りのメンバーと、私たちのようにアプリケーションを使いこなすサポート・メンバーに分かれています。

開発メンバーは特定の機能や仕様設計についてのエキスパートとしての役割が大きいため、製品の俯瞰的な知識やお客様に応じた業界知識を全て網羅しきれません。

ですから私たちのようなカスタマー・サポートのエンジニアが、お客様が製品をうまく使えるように開発エンジニアをサポートする、という役割を担う必要があり、チームを跨いで協力して仕事をすることが大切なのです。

シーメンスでは将来的にすべてのソフトウェアを買い切りではなく、サブスクリプション型に切り替えるため、お客様と長期的にお付き合いをするためには、これまで以上にサポート側の質を充実化が必要になります。ですからもちろん、私たちカスタマー・サポート・メンバーは、開発メンバーよりもさらに幅広い知識を身に着けておくことが求められます。

お客様にシーメンスの製品の良さを最大限に活用していただき、お客様のビジネス目標へ近づけるお手伝いをしながらwin-winの関係を築いていくことが、この部署のミッションです。

既存のお客様の課題に対して一歩踏み込み、積極的に有益な情報提供を行いながら、お客様のお困りごとを解決するためのソリューションを提供する瞬間が、この仕事のやりがいだと感じています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

【多くの企業と関われる環境に魅力を感じて入社を決意】

学生時代は航空宇宙工学専攻・流体力学研究室に所属しており、混相流が私の専門です。

例えば、水面に水をポチャンと落とした時に液体が盛り上がって王冠状のような形になります。そういった現象を「ミルククラウン」と呼ぶのですが、このミルククラウンを作るにはどのように水を落としたらよいのか計算して実証し、数値解析に関するプログラム作成後に検証して実験論文との比較を行っていました。

就職活動を意識し始めた当初は、特にロケットの製造開発に興味があったので、製造メーカーへの就職を検討していました。幸い、とある会社への推薦もいただけそうでしたので、その会社への就職を意識していたのですが、これから10年、20年、30年、一つのことだけにアプローチする働き方に、自分が望むキャリアとの間にギャップがある不安も同時に抱き始めていたのです。

さまざまな物事に興味のある私の性格からしても、キャリアについて、もっと広い視野で考えられるような会社がいいのではないか。そう考えていたときに、偶然シーメンス社の企業説明を聞く機会に恵まれました。企業と学生の団体との共催でセミナーや説明会が学内で開催されており、そこで初めてシーメンスの人事担当者と話し、キャリアについての考え方を見直すきっかけが訪れたのです。

その頃はまだ、研究室でほとんどシーメンスの製品を使ったことがなく、企業研究もあまりしていない頃でしたので、シーメンスとは「ソフトウェア関連のものを製造業のお客様に販売している会社」という程度の認識でした。

ところがその説明会で、当時話題になり始めていた「インダストリー4.0」(製造業におけるオートメーション化およびデータ化・コンピュータ化)について聞いて大きな可能性を感じました。同時に、これまでに考えていたロケット製造業界とは違い、幅広い分野の業種や企業と関りながらサポート出来る点に魅力を感じ、シーメンスへの入社を決意しました。

今後どうしていきたいですか

【経験と知識を増やし、回転機器系のエキスパートを目指す】

私の将来の展望として、特定の分野のエキスパート、中でも回転機器系のエキスパートを目指しています。

回転機器というのは、ガスタービンや飛行機のジェットエンジンなど、羽が付いていてぐるぐる回るような回転機械の分野です。

実は回転機器の解析はまだまだ技術的な難易度が高いと言われており、現状では回転機器を取り扱っている多くの企業が未だ解析に苦労しています。

しかしながら、最近はコンピューターの精度の向上や、ソフトウェアのアップデートにより環境が素早く変化しているので、ひと世代前からは考えられないくらいの規模のモデルが解けるようになりつつある、非常に将来性のある分野でもあるのです。

こういった背景から、より高度な知識を身に付け、プロフェッショナルとして積極的なご提案ができるエキスパートになり、お客様のビジネス付加価値を高められるよう日々スキルの向上に励んでいます。

そして将来的には製品だけでなく、お客様のビジネスも俯瞰したアドバイスまでできるコンサルタントとして活躍したいと考えています。

学生の皆さんへメッセージをお願いします

いろいろな会社の実験設備や働き方を見られるのは学生のうちです。ですから、始めから特定の分野や企業に定めるのではなく、ぜひ多くの企業を訪問し自分自身で分析してみることをお勧めします。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアでは自ら考える力を持っていることが、一番大切なことだと私は考えています。どこの会社においても言えることかもしれませんが、言われたことをやる、というスタイルではなくて、自分から興味を持って、その分野を学んでいく姿勢が望ましいのではないでしょうか。

仕事をしながら物事を継続して身に着けていくのは難しいことですが、それができる資質がある方が弊社で活躍できるのではないかなと思います。

(2021年7月取材)

シーメンスの社員紹介

T.Y. / 2020年入社

サービス本部

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

【製品のプロフェッショナルとして知識を蓄える】

私はサービス本部で、お客様にシーメンスのソリューションの提案、製品の実装、導入支援を主な業務内容としており、現在はPLM(Product Lifecycle Management・製品ライフサイクル管理)の管理を行う、Teamcenterをはじめとしたいくつかのソフトウェアをメインに扱っています。「製品のライフサイクル」という概念は製造業以外ではなかなか耳にすることのない概念だと思いますが、これは商品の製品の企画や設計、開発、生産、サポートまでを指しています。そして、私が現在担当しているTeamcenterはそのライフサイクルを一元管理することができるソフトウェアです。

サービス本部は、お客様のご要望に合わせてソフトウェアの開発、検証、実装を行う部署です。技術営業とも似ていますが、違いを挙げるとすると、ご提案の後工程でより踏み込んだヒアリングとご提案をさせていただく点かと思います。例えば、お客様の要望を満たすように製品を実装するだけではなく、海外の最新事例をご紹介しながら積極的なご提案をすることは、サービス部の大切な仕事です。

一部を除き、弊社のソフトウェアの開発工程は海外のチームの担当です。そのため、要件をまとめ、開発チームに依頼するまでのコミュニケーションは英語で行うこともあります。海外チームと直にやりとりを行うので、新しい知見にいち早く触れることができるのも、この部署の醍醐味といえます。

サービス本部に配属された当初は、Teamcenterの知識を3ヶ月くらい徹底的に学びました。その後、お客様の課題やご要望をTeamcenterの機能実装で解決できるのかを調べる「機能調査」という業務を担当することになりました。なぜ、自社製品であるにも関わらず調査が必要なのかといいますと、Teamcenterはほぼすべての製造業で使えるくらい汎用性の高いソフトウェアである一方、とにかく機能が膨大で全てを理解している人間はまずいません。そのため、社内の膨大なマニュアルからお客様の課題解決につながる機能がないか、あるいは実装できないかを調べる必要があるのです。

特にこの調べる作業は配属後にとても苦労し、社内資料を探し出して勉強したり、その分野に詳しい社内の人間に聞くなど、必死に知識を吸収していました。周囲の協力もあったおかげで、3~4カ月ぐらいでおおよその情報は把握できるようになり、自分一人で調査を行うことも徐々に多くなった頃は、それまでの努力が形になったと感じた瞬間でした。

そして機能調査を担当してから半年後ぐらいに、ついにお客様に対してプレゼンを行う機会がありました。もちろんプレッシャーもありましたが、それ以上に若手でありながら、大きな仕事を任せていただけたこと、半年近く学んで得た知識をお客様の前でアウトプットできる機会

をいただけたことがとても嬉しかったです。ちなみに、その時プレゼンテーションした内容は無事実装することが決まり、現在の大きな自信につながっています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

【「インダストリー4.0」の最先端で活躍したい】

私は大学院時代、放射線を用いたがん治療の研究をしていたため、就職活動の始めの頃は自分の専門知識を活かせる仕事がしたいと考えていました。そこで、医療技術や検査機器を扱うメーカーを対象に絞って企業研究を行っていたのですが、とある企業の説明会で第四次産業革命を生み出す「インダストリー4.0」というキーワードを初めて耳にしたことで、企業選びの方向性を変えることになりました。

その説明会では、「未来の製造業を担う、製造業界に革命を起こす。」というキャッチフレーズを目にしたのですが、すっかりその言葉に魅了されたのをきっかけに、製造業に関連する企業説明会にも足を運ぶようになりました。その過程でシーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアの説明会にも参加したのですが、その際に工場のオートメーション化がどれだけ製造業に必要であるかという説明に共感したのと同時に、シーメンスはそもそもこの業界に興味を持つきっかけとなったインダストリー4.0に力を入れている企業の1つということを知った瞬間、将来のキャリアを考えていた私の背中を後押ししてくれるような気がしたのです。

私にとってシーメンスは最初、製造業というイメージばかりが強かったのですが、企業研究を進めるうちに、私が今担当しているTeamcenterをはじめ、工場のDX(デジタル・トランスフォーメーション)化やオートメーション化を推し進めているパイオニア企業であることが分かり、自分も最先端の現場で働いてみたいという気持ちが一層強くなりました。また、私はどちらかというと1つのことを究めるより、さまざまな物事に携わっていけるような仕事を希望していましたので、幅広いソリューションを持つシーメンスのような企業が合っていると考えたことも、弊社を志望したもう1つの理由です。

今後どうしていきたいですか

【顧客の製造プロセス全体をサポートできるプロフェッショナルへ】

まず目前の目標は、Teamcenterの知識をより深めることです。特にTeamcenterを扱っていると、製造業界で使われることの多い、NXなどと言ったマニュファクチャリング機能のあるソフトウェアの話題を耳にする機会が多く、お客様への情報提供をスムーズに行えるためにも、まずはこの辺りについて自信を持って話しができる人材になりたいと考えています。

そして私の長期的な目標としては、Teamcenter以外のシーメンス製品の知識を身に着けることです。シーメンスが手がけるソフトウェアには、CADやデータ管理ソフトウェア、解析のソフトなど製造業を支えるあらゆる製品があるので、それらの知識を総合的に身に着け、設計から製造現場まで、多角的な視点からお客様の課題解決ができるような存在になりたいと考えています。

学生の皆さんへメッセージをお願いします

弊社の製品は日々頻繁にアップデートされ続けており、新しいソリューションがどんどん追加されるため、最新の技術に触れる機会がとても多い会社です。また、お客様も業界トップの企業が多く、その業界の最新の動向を知ることができるので、知的好奇心が旺盛な方にはぴったりでしょう。一方で、新しい業界のお客様と仕事を進めようとすると、1からその業界について学びなおす必要があります。ですから、最新の技術を自分で触ってみたい方、そしてずっと学び続けられることを厭わない方ですと、入社後の業務も楽しくなってくると思います。学び続けることができる根気強さは、弊社では大切な資質です。

現在就職活動中のみなさんの中には、大学で学んだことを生かせる職種だったり、業界を絞り込んで活動する方が多いのかなと思いますが、就職活動中はインターンや説明会など多種多様な会社と出会える期間です。学生の頃のそうした経験がご縁ややりたいことにつながってくるはずですし、多くの企業を比較することで広い視点での企業研究も可能になります。さまざまな会社を見た上で、シーメンスに興味を持っていただければ嬉しいですね。

(2021年7月取材)

シーメンスの社員紹介

H.T. / 2015年入社

カスタマーサポート本部 エンジニア

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

 ユーザーからの技術的な質問(電話・メール)への対応や、現場での開発実務に関するトラブルシューティングなどの業務を担当しています。やはり、お客様の困りごとをスピーディーに解決し、感謝されたときは達成感があります。

この会社を選んだ理由は何ですか?

 モノづくりに関する解析ソフトに興味があり、シーメンスにはデジタルプロセスに関するツールがほぼ揃っていたことが志望動機の一つです。入社後に感じた一番の魅力は、やりがいのある仕事を任せられることです。OJTの期間に解析ソフトを一通り体験したうえで、現在は自分が好きで得意な製品を担当しています。

今後どうしていきたいですか

 現時点では、お客様が満足し、信頼されるエンジニアになることが目標です。将来的には、社会貢献ができるようなプロジェクトを提案し、お客様からも共感される。そんな夢を描いています。

 また、2児のママとして子育てや家庭とのバランスを取りながら仕事をしています。ママのスケジュールは、子ども次第で決まってしまうことが多いですが、上司が子育てに関して理解してくれていて、働き方については、いつも気軽に相談できる素晴らしい仕事環境です。ライフイベントでの変化に対応しながらも、仕事を続け長くキャリアを築きたい女性たちは、きっと希望を叶えられると思います!

シーメンスの社員紹介

T.S. / 2017年入社

カスタマーサポート本部 アソシエイトエンジニア

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

 入社後2年が経ち、近頃は一人で仕事を任せてもらえる機会も増えています。お客様に「こういうことをやりたい」と相談された際、その場で解決ができると、自分も成長したかなという手応えを感じます。

この会社を選んだ理由は何ですか?

 大学は機械系なので、モノづくりに何らかの形で関わりたいと考えていました。また、シミュレーションを使って研究していたので、そこも生かしたいと考えていました。その両方を満たせる企業というのが入社を決めた大きな理由です。シーメンスの魅力は、たくさんの企業のモノづくりの現場に立ち会えること。それが、すごく楽しい。

今後どうしていきたいですか

 シーメンスはいろいろな製品を揃えています。多くの製品知識を身につけて、イノベーションにつながるような、横断的な提案ができるようになりたいと考えています。

 最後に学生のみなさんへのメッセージを伝えさせてください。当社では仕事を通してさまざまな業種のお客様と接する機会があります。また、シーメンスの製品が使われているのは、開発・製造の最先端で、日々進化する企業とともに歩んでいます。そういう中で、刺激を受けながら仕事がしたいという人には、すごく向いていると思います。

シーメンスのオフィス風景

2018年12月にオープンした新横浜オフィス増床フロアです。フロア中心に位置する人の行き交う交差点。自然と人が集まります。

シーメンスのオフィス風景

白を基調としたエントランス。会社説明会(対面開催の場合)は こちらでお迎えします。

シーメンスのオフィス風景

会議室にはディスプレイがあり、PCから投影して会議をします。 空間をしっかり確保したデザインになっています。

シーメンスの特集記事

実施要項

募集種別 本選考
募集職種 プリセールスコンサルタント、サービスエンジニア、カスタマーサービスエンジニア
仕事内容 ・プリセールスエンジニア
お客様の製造拠点へのIoTパッケージソフトウェアの導入や業務プロセス改善に向けた各種ご提案、コンサルティング、技術セミナーの企画、実施を行います。

・サービスエンジニア
お客様がシーメンスの製品を導入するにあたり、ソフトウェアの価値を最大化できるよう、技術コンサルティングをご提供します。

・カスタマーサポート
シーメンスのソフトウェアについてお客様からの技術的なご相談対応や問題解決を行います。またソフトウェアのバージョンアッププロジェクトにも関わります。
給与 固定給 月給(2022年4月実績)学部卒:316,000円 修士了:319,000円 博士了:322,000円 
変動給:業績に応じたインセンティブあり

◆雇用形態:正社員
◆契約期間:期間の定めなし
◆試用期間:あり(3ヶ月)※試用期間中の待遇・給与に変更はありません
諸手当 ・テレワーク勤務準備手当およびテレワーク勤務手当支給(毎月)
・出社時は交通費全額負担
勤務地 東京都(新宿)、神奈川県(新横浜)
教育制度 【ご参考】※あくまでも一例です。
◇社会人基礎スキル(ビジネス研修)
 社会人ベーシックマインド、ロジカルシンキング

◇IT基礎スキル
 IT技術者の役割、情報システムとは、プログラミング

◇スキルアッププログラム
 製品別テクニカルスキル、ビジネス英語研修

◇シニアメンバーシップ開発プログラム
 チームマネジメント基礎研修、クリティカルシンキング、 海外短期研修

◇リーダーシッププログラム
 リーダーシップ

◇経営戦略プログラム
 経営戦略
応募資格 2024年3月末卒業予定の大学生・大学院生・博士 理工学部全般
就業時間 裁量労働制(9:00~17:30を標準労働時間帯とし、社員の裁量に委ねる)
休日休暇 完全週休2日制、祝日、年末年始休暇等、有給休暇(初年度10日、6年度以降20日)、傷病休暇(年10日)
福利厚生 ・雇用保険料補助手当(個人負担分を会社が補助)
・総合福祉団体定期保険
・団体長期障害所得補償保険
・労働災害総合保険(法定外保証)
・企業年金制度(確定拠出年金)
・社内クラブ補助金制度
・福利厚生倶楽部(リロクラブ)
お問い合わせ jp_recruiting.plm@siemens.com

会社データ

設立日 2001年12月20日
事業内容 コンピューターソフトウェアおよびハードウェアの開発、輸入、販売、保守ならびに関連する技術サービスの提供
URL https://new.siemens.com/jp/ja/company/about/siemens-japan.html
住所 東京都品川区大崎1丁目11番1号 ゲートシティ大崎ウエストタワー                         東京都渋谷区代々木2丁目2番1号 小田急サザンタワー(PLM事業本社)
資本金 43億3630万円
代表者 代表取締役社長兼CEO 堀田 邦彦(ほりた くにひこ)
従業員数 約720名

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員登録してすべてのコンテンツを見る

無料会員登録