外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

「金融に関心がなかった」京大院生が投資銀行の内定をもらうまで(インタビュー後編)

新井翔太さん

ヨーロッパを代表する金融機関であるドイツ銀行の投資銀行部門に来春入社予定の新井翔太さんは、京都大学大学院で現代思想を研究する学生です。「哲学」と「投資銀行」。一見すると関連がなさそうな2つですが、新井さんの中ではリンクする部分があったようです。それはいったい何なのか。じっくり話を聞きました。(取材・構成:亀松太郎)

インタビュー前編 : 哲学専攻の京大院生はなぜ「投資銀行」を目指したのか

当初は「戦略コンサル」に興味があった

――アメリカでの留学時のインターン先として、投資ファンドを選んだということですが、もともとは興味がなかったという「投資」あるいは「金融」に、なぜ関心を持つようになったのでしょうか?

実はアメリカに留学する直前、つまり、京大大学院のM1(修士課程1年)の夏休みに、外資系企業のサマーインターンに参加したんですね。そのときは、戦略コンサルを中心に考えていました。

――コンサルが良さそうだと思ったのは、なぜですか?

自分の関心としては、幅広い視点でいろんな業界を見てみたいというのがありました。また、経営層に近いところで俯瞰的にビジネスに関わりたいと思っていました。そういう意味では、コンサルがいいのかな、と。そのときは金融に全然関心がなかったんです。

ただ、なんとなく外銀のマーケット部門のインターンも受けてみたら通ったので、行ってみることにしました。そしたら、

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら



このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)