外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

海外大生必見!ボスキャリに行かずとも短期間で内定をゲットする方法

はじめに

みなさんは、日本で就職活動ができない海外大生やそのほかのバイリンガルの学生がグローバルキャリアを目指す機会として、毎年11月頃にボストンで開かれるボストンキャリアフォーラム(以下BCF)をご存じでしょうか?

米国内外の海外大生、留学生をターゲットに多くの外資系企業や日系企業が参加する世界最大級の就活イベントです。
就活キャリアフォーラム

外資就活ドットコムのコミュニティでも毎年トピックが立ち、参加学生同士で情報交換が行われています。
【ボスキャリ】ボストンキャリアフォーラム情報交換【2017】

↓ボストンキャリアフォーラム全貌・突破法↓
3日で内定!ボストンキャリアフォーラム徹底攻略法その1【準備編】
留学無しでも内定get?!ボストンキャリアフォーラム徹底攻略法その2 【当日編】
なんちゃってバイリンガルによるボストンキャリアフォーラム就活記

しかし、BCFばかりが取り上げられ、それ以外の海外大生向けの就活の機会は意外と知られていません。

今回はBCFに行かずとも海外大生や交換留学生が短期間で内定を獲得できる機会を紹介しましょう。

内定が1週間以内に決まる?

BCFと同様に、東京でも毎年夏に東京サマーキャリアフォーラムマイナビ国際派就職EXPOという、バイリンガルの学生をおもにターゲットにしたジョブフェアが開催されています。

この2つのジョブフェアでも、企業によっては1週間以内に内定を獲得することが可能です。

これら夏のジョブフェアはとても大規模です。例えばボストンキャリアフォーラム2017に200社以上が参加予定(2017年10月6日時点)であるのに対し、東京サマーキャリアフォーラム2017には250社以上が参加しており、その規模はポストンキャリアフォーラムに匹敵します。

6月末~7月に開催されるこれら2つのジョブフェアは、事前エントリーが必要な企業も多いですが、立ち入り面接(またはウォークイン面接)も積極的に行われており、形式はBCFとよく似ています。立ち入り面接というのは、当日企業の出展ブースに行って履歴書またはエントリーシートを提出して選考フローに乗れるシステムのことで、当日ブースを回っているうちに興味を持った企業に当日エントリーすることができます。

また、夏の2つのジョブフェアと同様に、冬にも同じ形式で東京ウィンターキャリアフォーラムマイナビ国際派就職EXPO東京ウィンターが開催されます。例えば昨年の東京ウィンターキャリアフォーラム2016には、appleAIGが参加しています。

冬の2つのジョブフェアでも、面接形式や選考フローは夏と同じ場合が多く、一週間以内で内定を獲得できる場合があります。

冬の場合、各回の参加企業数は夏に比べると少なくなっていますが、ボストン後の最初の就活機会であり、卒業前に内定までこぎつける最後のチャンスでもあるので、興味のある企業が参加している場合には足を運んでみるとよいでしょう。もちろん、既卒の海外大生も参加でき、企業によっては内定後の翌春に就職できる場合があります。

夏、冬ともに面接のフローとしては、ジョブフェア当日に1,2次面接を受け、後日WEBテストまたは筆記テストを受けたのち、本社での3次、最終面接を経て内定に至る、という流れになっています。

短期間で内定を得たい既卒者にはもちろんのこと、日本での説明会などに参加できない海外大1、2年生や学業やスポーツが忙しいなどの様々な理由でボストンに行けない学生にはとっておきの機会といえます。

情報は募集を探す:海外大学生向け
にも随時掲載されるので、興味がある方はぜひチェックしてください。

外資・商社へのドアをたたく!

外資系企業は経団連の就活解禁の時期に縛られない上、業務上バイリンガルの学生の必要性が高く、入社時期も春と秋がある場合が多いため、上記の2つのジョブフェアへの参加は積極的です。

2017年度はamazonP&G Japanデロイト トーマツ コンサルティングなどが東京サマーキャリアフォーラムに参加し、博報堂三菱商事AIGグループなどがマイナビ国際派就職EXPOに参加しています。

これらのジョブフェアで内定をもらった6月卒業の海外大生は、夏を挟んで9,10月入社という場合が多く、また、卒業1年前の海外大生も翌年卒業後の9,10月入社の内定をもらうことも可能です。つまり、ボストンよりも早く就職先を決めることも可能なわけです。

一部の商社や日系企業で秋入社を取り入れている企業も同様で、ジョブフェアを通して夏採用の選考を通った後、卒業後の夏か秋または翌年の4月に入社となります。

大手総合商社は2つのジョブフェアへの参加は少ないですが、同じ時期に夏採用を行っている場合があります。夏採用で採用する人数の枠は会社によって変わりますが、選考の時期はいずれも7月初旬~中旬頃で、1~2週間の間に筆記試験や面接が行われ、内定まで決まります。この場合、既卒者(同年6月卒業の学生)は翌年の4月に入社する形となる場合が多いでしょう(注意:入社時期などは会社によって異なるので一概には言えませんが)。

2つのジョブフェアのページを見て自分が行きたい企業が例年参加しているかどうか、また、夏選考を実施しているかどうかを確認しておくとよいでしょう。

実はボストンよりも狙い目!?

200社ほどの企業に1万人近くが詰めかけ、人でごった返すBCFに比べると、参加者総数5000人程度の東京でのジョブフェアの倍率は低めといえます。

海外大生は就活=BCFという意識が一般的にあり、海外大生には意外とこの2つのジョブフェアの知名度は低いのが現実です。裏を返せば、BCFでアメリカや世界の有名大学に通う海外大生と少ない椅子を巡って勝負するよりも勝率が高いかもしれないということです。

さらに、説明会に参加するなどして卒業1、2年前の夏から就活の準備をスタートさせれば、BCFに来るライバルたちに差をつけることができます。

また、経団連の規則などにより限定的な期間のみ採用活動をしている商社やその他の日系企業に関しては、BCFで何名、夏採用で何名採用といった枠を設けている場合があります。BCFでは参加する学生のほとんどが海外大生または交換留学生ですが、2つのジョブフェアや商社・日系企業の夏採用では国内大学生も多く混ざって選考に参加しているため、企業側から見ると海外大生の希少価値は高いともいえます。

春採用に比べて面接回数も少なく、大手日系企業でも3、4回程度の面接で内定を手にできる点を考えると、やはりねらい目の就活機会であることは間違いありません。

さらに知られざる裏技ルート??

海外ではインターンシップを経て本採用に至るのが一般的ですが、日本でもこうしたインターンシップ採用が一部企業で行われていることはご存知でしたか?

日本では、コンサルティング会社や投資銀行がこの制度を取り入れている場合があります。長期休暇を利用して、2~3か月インターンとして業務に励んだのち、成果を出せば卒業後の内定をもらえるというシステムです。

長期インターンは、当コラムで述べたようなジョブフェアで選考を受けるのが一般的で、選考を通過すれば、基本的に卒業1年または2年前の夏休みや冬休みなどインターンに参加する場合が多いです(実施時期は企業によって違うので確認が必要です)。

長期インターンの選考は枠も少なく、優秀な学生が集まるため、かなりの激戦ですが、就職前に業務に直接関わることのできるまたとない機会であり、報酬がもらえる場合も多く、優秀な学生とつながりをつくることもできるので、ぜひ十分な準備をしてチャレンジしてみるとよいでしょう。

終わりに

本記事を通して、BCF以外にも海外大生や交換留学生に向けて開催されている就活イベントがあることがわかっていただけたかと思います。

海外大学で学び、海外生活を長年経験している海外大生は、企業側から海外マーケットにおける即戦略として期待されている一方、海外大学の学生の就職活動における環境は、国内大学の学生に比べて十分ではないと言わざる得ません。

そうした海外大生にとって、今回紹介したようなジョブフェアは、短期間で海外大生というメリットを最大限活かして就職活動ができる貴重な機会なので、ぜひ積極的に活用してみてはどうでしょうか。

なお、BCFに来る企業すべてが東京の2つのジョブフェアに来るわけではないので、自分が行きたい企業が参加しているのかどうかは十分に確認してくださいね!

 

【特集】海外大生のための就活攻略法

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)