外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

今週よく見られた外資就活相談室Q&A(9/10-)

こんにちは、外資就活 相談室チームです。

「外資就活相談室」とは、社会人や内定者に就活の疑問をぶつけられる、オンラインQAサービスです。
戦コン、外銀、商社、GAFA等トップ企業の回答者が、皆さんから寄せられるキャリアに関する様々な相談に答えて下さっています。
こちらのコラムでは、多種多様なQAの中でも、今週注目を集めたQAランキング1位~5位をご紹介いたします。

是非チェックしてみてください。(回答者の回答ページより抜粋)

5位 竹本 祐也┇WACUL CFOさんへの質問

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ<回答者Profile>ゴールドマン・サックス→A.T.カーニー→AIスタートアップCFO
新卒でゴールドマン・サックス投資調査部に入社。商社セクター、エンターテイメント・インターネットセクターなどを経て鉄鋼セクターのチームヘッドに。A.T.カーニーに転職後、コミュニケーション・メディア・テクノロジー業界担当マネージャーとして中期戦略立案や新規事業立案などのPJに従事。現在はデータ分析SaaSのスタートアップにて取締役CFOとして経営戦略、財務戦略、アライアンスの推進など、経営全般に尽力。
竹本 祐也┇WACUL CFOさんの回答

マシにはなりましたが、克服はできませんでした。
が、具体的にやったことは以下のとおりです。

<入社前>
・会社の事前研修の一環で、語学スクール代が出たので、それをフル活用してスクールに通いました
・大学4回生のときに(単位を取り終えていたので)3ヶ月間アメリカに自費で語学留学しました

<入社後>
業務上必要なので自然に触れる中で学びました
・PC(キーボード含む)は全部英語表記で英語配列
・契約書や社内報、社内システムはほぼ英語
・日英両方でレポート作成(翻訳家はいるけど、意図どおりかチェックするのはジュニアの仕事のうち)
・レポート内容を朝会で営業に日英両方で説明、質疑応答も
・海外投資家の質問の電話も受けて、話す

4位 Negotogatariさんへの質問

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ<回答者Profile>PEファンド
投資銀行の投資部門でのPEやディストレスト投資業務、米国MBAを経て、現在はPEファンドで様々な企業への投資、経営支援を担当。
Negotogatariさんの回答

どのキャリアも素晴らしいと思いますが、PEに行くことが最大の目標なのであれば、②が手っ取り早いと思います。

一方、人生の充実と世界の広がりを考えれば、私であれば③でMBAを挟みます。

PE以外も含めて、色々な世界を知り、素晴らしいネットワークを作り、その上でキャリアを再考してみるのも良いと思いますよ。

3位 ウグイス(メジロ)さんへの質問

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ<回答者Profile>投資銀行部門
投資銀行部門の勤務経験があります。フロントの仕事しながら新卒採用、中途採用にも定期的に関与していますorしていました..
ウグイス(メジロ)さんの回答

そもそも、キレられることが問題なのか?も考えた方がいいです。

例えば、
①貴殿が特に出来が悪くてキレられているのか、
②誰にでも若手にはとりあえず詰めてくるタイプなのか。

①であればキャリア形成上は問題なので解決した方が良いですが、
②であればその人の気質なので実は大きな問題ではない可能性があります。

①の場合、キレられている真因を理解して、問題解決するしかないでしょう。
上司に対する期待値設定が誤っているようであれば、この仕事はxxまでに出来ると思うがこっちの仕事は未だ経験が浅いのでイメージがついてないor間に合わなそう、など仕事を受注するときも要件や納期をEDと一緒になって定義していくのが大事かと思います。

2位 ljh8821さんへの質問

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ<回答者Profile>大手広告代理店(H)
社会人9年目メディア/マーケティング関連の職種 就活の具体的な方法論や戦略は、内定者や社会人1-2年目の方にどうぞ。様々な業界の友人の情報を事細かに把握しているので、ある程度のキャリアを積んでみての視点や、人生設計、幸福度、給与や待遇、手当、ワークライフバランス等、総合的な視点でのアドバイスができるかと思います。企業ごとの違いや特徴などで悩んでいる就活生の方、内定者で進路に悩んでいる方、入社1-3年目くらいの方の参考になるかと思います。(家庭の事情があり、申し訳ありませんがお返事遅くなります)
ljh8821さんの回答

ご質問をいただき、ありがとうございます。さて、総合商社や戦コンへの内定を蹴って、広告に行ったのは、珍しいことだと思うが、その決め手は何か、というご質問ですが、
私が就活をしていたのは、もう10年も前の話になりますので、今とは、また少し違う状況でもありました。

そのうえで、当時、広告を選んだ理由をお答えしますと、

■社風
・インターンに参加していたので、会社のカルチャーや社員の方の雰囲気などを、よく分かっていた
・尊敬できる良い人/面白く楽しい人がたくさんいて、この人たちと働きたい、この人たちのようになりたい、と思った
・社風がとにかく自由で、仕事の裁量が大きそうだった

■仕事
・仕事が華やか/一番面白そう/飽きなそうだった
・世の中の一般的な人に見てもらえて、知ってもらえて、楽しんでもらえる仕事がしたかった
・一個人として世の中に与えられる影響が大きい

■休暇・勤務体系・給与
・平日は忙しくても、基本土日休み
・4年目以降は、フルフレックスで、時間が自由
・(部署にも依るが)服装が自由
・(自分の望まない)転勤がほとんどない
・長期休暇が取りやすい/いつでも自由に取れる
・20代で1,000万円超え、という自分の基準も満たしていた

といった感じになります。

財閥系総合商社に関しては、正直悩んだ部分もありますが、
話を聞いていて、会社の資金力ありきなので、思った以上に歯車感が強いなと感じたのと、
配属ガチャであまりに自分が興味の湧かない商材担当になるリスク、
発展途上国への駐在で、自分が思った以上に耐えられなくなるリスクがあるな、と感じたため、お断りをさせていただきました。
(また、今でこそ、総合商社の労働環境はだいぶホワイトになってきているようですが、その当時は、広告代理店に負けないくらいの激務でしたし、私が参加した某総合商社の説明会では、「家に○○日連続で帰れなかった」「○○日連続で徹夜した」「接待飲み会・ゴルフで1ヶ月以上プライベートはゼロだった」などの話が、先輩社員の全体向けの話で堂々とされていて、これに負けないくらいのガッツある人材を求めています、と言われていたくらいなので、労働環境による差異もなかったことも、総合商社に気持ちが傾かなかった理由の一つですね)

戦コン(MBB・それに準じるファーム)に関しては、シンプルに当時の労働環境(土日もフル出社・徹夜上等・平均残業200時間以上が当たり前)が、とてもじゃないですが、私には耐えられないものだったので、初めから行く気はありませんでした。
また、土日はしっかり休みたいですし、休暇も自分の好きなときに取りたい、というプライベート優先型の人間としては、コンサルでやっていく(結果を出す)自信もありませんでしたので、こちらもお断りをさせていただいた形です。

あれから10年経ち、働き方改革という大きな流れが生まれ、コンサル人気も拡大(裾野が拡がった感じですね)という変化が起きているわけですが、
今、私が就活をするとしても、やはり広告を選ぶかなと思っていますし、あの当時、広告を選んで良かったとも思っています。
(自分の仕事が非常に忙しいときは、ホワイトになったと言われる総合商社が羨ましくなるときも、時折ありますが。笑)

いずれにせよ、こちらはあくまで、私個人の価値観をもとにした考え方になりますので、
一つの参考として、捉えていただければ幸いです。

1位 クリリン 元コンサルbotさんへの質問

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ<回答者Profile>A tech company
Consulting→技術便→TCG→ツイ廃→料理研究家 a tech-savvy consultant
クリリン 元コンサルbotさんの回答

ご質問ありがとうございます。杓子定規な言い方をすると他人のプライベートの話を勝手に話すというのはプライバシーの侵害に当たる気もしますし、会社の人事情報は社外秘という話もあると思います。

が、そういった形式的な話だけでなく、もう少し想像力を働かせてみると、その退職される方はお世話になったクライアントに自分の言葉で伝えたかったのでは?とか思いましたがその辺はどうだったのでしょうか。
もしくは逆にどうしても伝えたくない何かがあったとか。
そこまで怒られるモチベーションの構造をきちんと把握されるのが大事だと思います。

例えば、クライアントとその退職される方の間に強い信頼関係があったとすると、間接的に伝わることはネガティブな印象を与える可能性がありますよね(そのクライアントの方が、何故自分に内緒にしてるのか?など思う可能性ありませんか?)。
そのような事情が退職される方にはあったのではないでしょうか。
他にはそのクライアントに誘われてたのに競合に転職したとか言いづらいですよね、いろいろ言いたくない理由は考えられます。
そこまで考えてクライアントにお伝えをしたのでしょうか?

まぁそこまで怒る必要あるの?ってくらい怒られたのだとしたら、その程度の問題については議論の余地はあるかもしれませんが、質問文を見る限りは、余計なお世話と取られる可能性も0ではない時点でやめておいた方が無難という話かなと思います。

むしろそういうこと話す人として変なブランディングされるリスクもある気がしており、その辺も加味してご自身の責任で正しいご判断とは何かきちんと考えるところかなと思いますね。長くなりましたが、ご確認いただければ幸いです。

いかがでしたでしょうか。

皆さんにとって新たな発見があれば幸いです。何か追加で疑問が浮かんできた方は、是非「外資就活相談室」で質問してみてください。
就活本では見つからない答えに、きっと出会えるはずです。

それでは、また来週。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)