外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

今週よく見られた外資就活相談室Q&A(4/8-)

こんにちは、外資就活 相談室チームです。

「外資就活相談室」とは、社会人や内定者に就活の疑問をぶつけられる、オンラインQAサービスです。
戦コン、外銀、商社、GAFA等トップ企業の回答者が、皆さんから寄せられるキャリアに関する様々な相談に答えて下さっています。

こちらのコラムでは、多種多様なQAの中でも、今週注目を集めたQAランキング1位~5位をご紹介いたします。

是非チェックしてみてください。(回答者の回答ページより抜粋)

5位 SOEさんへの質問

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ<回答者Profile>邦銀 外資系投資銀行など。
元外資系投資銀行のIBDバンカー。カバレッジとMAプロダクツを経験。
SOEさんの回答
いえ特には無いですね。

当時は民間への就職だと外資はほとんどプレゼンスがなく、都銀/長銀、総合商社、大手生損保、マスコミ/広告、インフラ系などが選考のタイミングも早く待遇も良かったので何となく決めた感じですね。

当時アンダーセンコンサルティング(今のアクセンチュア)からしつこく誘われましたが「知らないし怪しい」と思い断ってました。入ってたらどうなってたんでしょうね。

4位 外資系ポンコツ@戦略コンサルさんへの質問

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ<回答者Profile>外資系戦略コンサルファーム外資系戦略コンサルファームで忙殺されてるだけの若手。
就活時はインターン選考を経て内定。新規事業の戦略策定、常駐しての業務改革や実行支援など比較的いろいろ経験してきましたが、「新しいテクノロジーを活用した新規事業立ち上げ」といったテーマに関わっていることが大半。働く前は経済学を専攻。
外資系ポンコツ@戦略コンサルさんの回答
内定おめでとうございます。

まずはpwcアドバイザリーとアクセンチュアでは業務内容や得意領域が大きく違ってくるかと思います。
起業やIT、ソフトウェア関連の市場であればアクセンチュアはネームバリューがありますし、監査であればpwcですね。

監査や財務分析、m&aや事業再生に関心があればアドバイザリーに、クライアントの事業に入り込んで課題を整理しながらAIやシステム導入、あるいは顧客体験を上げるアプリ設計などをしていくことにワクワク感を覚えるならアクセンチュアに行くのがいいでしょう。

アクセンチュアのビジコンは多くがITコンサル系の業務(課題ヒアリング、要件定義、プロジェクト管理など)を担うかと推測されます。
これらのプロジェクトマネジメントができる人材は、どの会社でも引く手数多なので、滅多に食いっぱぐれることがないという意味では価値はありそうです。

アドバイザリーも財務分析系の専門スキルが身につくのが強みですが、その分今後のキャリアもその専門領域の中で展開していくことになるかもしれませんね。
数字や会計が嫌いであればあまり向かないかもしれません。個人的にはこちらの方が領域特化、狭く深くな印象があります。

どちらにせよ、それぞれの分野ではtop tierの会社になりますので、自分のやりたいことに照らして判断されれば良いかと思います。

3位 ウグイス(メジロ)さんへの質問

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ<回答者Profile>投資銀行部門
投資銀行部門勤務。フロントの仕事しながら新卒採用、中途採用にも定期的に関与しています
ウグイス(メジロ)さんの回答
アソシエイトの一番下です、はい。不満ですかね?..

2位 野菜くんさんへの質問

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ<回答者Profile>外資系運用会社
新卒で野村證券に入社し、リテール営業を経験。その後、外資系コンサルティング会社を経て、現在は外資系運用会社にて機関投資家営業。日系大手金融金融機関の実際、日系から外資に転職して感じた差、転職含むキャリア開発等について微力ながらお伝えできればと思います。
野菜くんさんの回答
私は不動産運用会社での勤務経験がありませんので、その業界におられる表面3%さん(@gross3per)からの回答を記載します。

REIT運用会社との比較の質問なので、質問者様の仰る不動産PEというのはブラックストーンやエリオット等というより、いわゆる私募ファンドの運用会社と理解します。

私はアクイジなのでアクイジ目線での回答になりますが、REITAMからの王道セカンドキャリアは私募ファンドでしょう。
また業務レベルの高さに比例して市場価値も私募ファンドの方が高いかと思います。

基本的にREITは既に設立されてる投資法人でコーポレートのデットと公募増資で物件を買って長期運用していきます。
またREITはスポンサーの物件をもらえることが多く、案件のソーシングの必要も少ないので、口を開けて親会社の物件を待ってるだけの所もたくさんあります。

一方で私募ファンドは物件を買う都度ファンドレイズしなければならず、また基本有期なので出口売却のストーリー含めレンダー、投資家により細かな説明が必要です。もちろんREITも機関投資家へのIRや、もし上場していたら株価を気にしないといけないのでその辺の難しさはあるとは思います。

待遇や市場価値については、基本的に
外資ファンド>日系私募ファンド>日系REIT
と考えておけば良いと思います。

1位 yuuuさんへの質問

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ<回答者Profile>大手広告会社/メディア系部署
非体育会系、留学経験無し、コネ無し、目立った経験無しでも13社内定頂くことができました。就活は単なるゲームです。受験勉強と同じく正しい情報をもとに対策すれば必ず内定は出るので、気軽に相談してください。
yuuuさんの回答
広告知識以外の何かを極められるように努力します。

以前も書きましたが、「広告研究会の学生はDHに内定出ない法則」というのがありまして。

広告会社の求める人材は、「広告ビジネスと新しい何かを掛け算してビジネスを生み出せる人」、そして「これ一つは絶対負けないぞ」という何かを持っている学生です。

スポーツでも趣味でも課外活動でも良し。学生がどれだけ頑張っても、社会人なって数週間でその知識は付くわけで、そこに労力削く必要はないかと思います。ちなみに僕は家にテレビもなければ新聞も雑誌も読まず、芸能人は殆ど分かりませんでしたが選考では全く問題ございませんでした。

入社後の実務では困りましたが、、笑笑

いかがでしたでしょうか。

皆さんにとって新たな発見があれば幸いです。何か追加で疑問が浮かんできた方は、是非「外資就活相談室」で質問してみてください。
就活本では見つからない答えに、きっと出会えるはずです。

それでは、また来週。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)