外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

今週よく見られた外資就活相談室Q&A(12/4-)


こんにちは、外資就活 相談室チームです。
「外資就活相談室」とは、社会人や内定者に就活の疑問をぶつけられる、オンラインQAサービスです。
戦コン、外銀、商社、GAFA等トップ企業の回答者が、皆さんから寄せられるキャリアに関する様々な相談に答えて下さっています。

こちらのコラムでは、多種多様なQAの中でも、今週注目を集めたQAランキング1位~5位をご紹介いたします。是非チェックしてみてください。(回答者の回答ページより抜粋)

5位 yuuuさんへの質問

<回答者Profile>大手広告会社/メディア系部署
非体育会系、留学経験無し、コネ無し、目立った経験無しでも13社内定頂くことができました。就活は単なるゲームです。受験勉強と同じく正しい情報をもとに対策すれば必ず内定は出るので、気軽に相談してください。
yuuuさんの回答
あくまで僕の考えですが、就活は偏差値です。

難関企業に内定取れる人間は業界問わずに内定取れるんですよ。そして逆もまたしかり。
なので、その業界ならではの対策を意識するよりも、偏差値ゲームだと割り切って徹底的に面接に向けた意味のある対策することを勧めます。

その対策については過去ツイートしてますので参考にしていただけたらと。

4位 ぼうずさんへの質問

<回答者Profile>以前、欧州系及び米系投資銀行(IBD)に合計10数年の勤務経験あり
過去において外資系証券(IBD部門)で勤務のかたわら採用業務担当の経験があります やや古い経験談になりますがご参考になれば。
ぼうずさんの回答
皆さんは人生で最も容色のすばらしい時期です。
何より清潔で質素なスタイルが一番皆さんを引き立てると思いますよ。学生さんだし、男子なんて千円カットで構わないと思います。

一度試してみたいと言うなら例えばToni & Guyとかですかね、今もあるか知らんけど

あとは表参道のジュネス行ってみたら
https://jyunesu.com/omotesando.html#reser

3位 ウグイス(メジロ)さんへの質問

<回答者Profile>投資銀行部門
投資銀行部門勤務。フロントの仕事しながら新卒採用、中途採用にも定期的に関与しています
ウグイス(メジロ)さんの回答
難しい質問ですが、一定程度は維持されるのではないかと信じています。
ただ、全体としてはコモデティ化が進むので下がる傾向にはある&人員が今までほどは不要となる可能性はあります。

幾つかの観点で以下に私見を述べます。
①成熟市場との比較
日本よりも投資銀行業務の歴史が長く成熟している米国やヨーロッパでは少なくとも現在のところは維持されているように見えますね。
米国を見てると、Large capや上場企業のM&Aディールだと、”取引プロセスや価格に関するお墨付き提供”は一応大手投資銀行には求められており、それに対する対価が相応に払われているように思います。
要は上場企業のM&Aにおける価格の妥当性や、取引プロセスにおいて株主価値最大化に取締役会が努めたことを、アドバイザーの関与により外形的にサポートしています。(ゴールドマンサックスのアドバイスの下、複数の買い手候補に打診のうえで、最終的な価格にはフェアネスオピニオンも貰ってる…となると、取締役会の対株主への取引の合理性の説明力が高まります)

米国では案件発表後に株主からの訴訟を含む様々なargumentを呈されることが日常茶飯事であるため、アドバイザーのブランドや能力の重要性が高いです。
日本はそこまでまだ行ってないですが、昨今のコーポレートガバナンスコードやスチュワードシップコードの広がり、株式アクティビズムの広がりに鑑みると状況が米国に近付き、重要案件に対するアドバイザリーは付加価値が高まると思われます。
逆にコモデティ的な取引の手数料は安くなると思います。日系でも安くできるので。②と繋がります。

②クロスボーダーM&Aの提供付加価値
国際的な取引において、現地の商慣習、証券市場の規則等を熟知したアドバイザーの存在は必須であり、特に規模の大きいものではその重要性が高いです。日系も海外オフィスを持ったり、ブティックと提携したりしていますが、グローバルファームほどのクオリティは未だないと思います。外資系投資銀行がこの機能を安売りしなければ引き続き大きな手数料の源になると思います。

勿論、質問者様が懸念しているように、私も投資銀行業務自体はold industryであり市場の成長自体は厳しいと思います。
一方で、じゃあ著しく衰退、AIによるリプレースが容易に起こるかというとIBDについては時間がかかると思います。
分析はツールでしかなく、営業や交渉的な側面も強い仕事であるため、AIに完全に替わられるイメージはあまりつかないです。
現状も分析部分ですら満足のいく自動化はされてないと思います。

2位 キティー Kittyさんへの質問

<回答者Profile>外資系金融
元ネコ文二。金融。公認会計士。
キティー Kittyさんの回答
その目的であれば会計士を受ける必要は全くありません。

財務諸表を取り巻くのは、
1. 作成する人(企業の経理)
2. チェックする人(会計士)
3. 利用する人(投資家、債権者などの利害関係者)
かと思います。

財務諸表を読むというのは3のためのスキルなので、2の独占業務を行う資格である会計士を受験する必要は無いと思います。。
もしも何か資格をということであれば証券アナリストが良いのではないでしょうか。

1位 野菜くんさんへの質問

<回答者Profile>外資系運用会社
新卒で野村證券に入社し、リテール営業を経験。その後、外資系コンサルティング会社を経て、現在は外資系運用会社にて機関投資家営業。日系大手金融金融機関の実際、日系から外資に転職して感じた差、転職含むキャリア開発等について微力ながらお伝えできればと思います。
野菜くんさんの回答
嫌味とかそういうのでは本当にないのですが、野村にいると野村の他支店がライバルで他社は興味なしという感じなので他社の立ち位置というのは正直よく分からないのです。

給与は多分5社の中で一番低い気がします。(私がいた時は)新人のノルマは野村の3分の1くらいでした。
人の面はよくわかりません。会社としては債券の引受が強いです。

いかがでしたでしょうか。皆さんにとって新たな発見があれば幸いです。
何か追加で疑問が浮かんできた方は、是非「外資就活相談室」で質問してみてください。
就活本では見つからない答えに、きっと出会えるはずです。

それでは、また来週。▶回答者一覧はこちら

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)