外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【外資就活相談室】今週よく見られたQAトップ5(7/18-)


こんにちは、外資就活 相談室チームです。
「外資就活 相談室」とは、社会人や内定者に就活の疑問をぶつけられる、オンラインQAサー ビスです。
戦コン、外銀、商社、GAFA等トップ企業の回答者が、皆さんから寄せられるキャリア に関する様々な相談に答えて下さっています。 こちらのコラムでは、多種多様なQAの中でも、今週注目を集めたQAランキング1位 ~5位をご紹介いたします。是非チェックしてみてください。(回答者の回答ページより抜粋)

5位 キティー Kittyさんへの質問


〈回答者Profile〉外資系金融元ネコ文二。金融。公認会計士。
受験勉強は基本的には後者かな。

4位 ハレクラニンさんへの質問


〈回答者Profile〉戦略コンサルティング企業戦略コンサルティング企業のおじさん。自称ハイパフォーマーの出世頭。主戦場は事業戦略。業界はIT周りに詳しいです。新卒/中途の面接もたまにやってます。

②の場合においても、どうしても育てたい、使いたいメンバーなら、ねじ込んででもアサインするんだって。つまり②の責任の一端はマネージャーupにあるけども、アサインされないのは本人の問題。
ちなみにここ数年景気が良いこともあり、定常的に②の状態に陥ってるファームは、ほぼないと思います。

仮に自分のチームが陥っているなら、さっさと移籍するくらいの判断をコンサルならすべきです。utilizationが高いから加点(優秀)、と評価するなら反対しますが、utilization満たしてないから減点というのは自然だと思います。

3位 ljh8821さんへの質問



〈回答者Profile〉大手広告代理店 (H) 社会人8年目メディア/マーケティング関連の職種就活の具体的な方法論や戦略は、直近で就活をしていた内定者や社会人1-2年目の方 に聞いてもらった方が良いかと思います。様々な業界の友人の情報を事細かに把握しているので、ある程度のキャリアを積んで みての視点や、人生設計、幸福度、給与や待遇、手当、ワークライフバランス等、総合的な視点でのアドバイスができるかと思います。企業ごとの違いや特徴などで悩んでいる就活生の方、内定者で進路に悩んでいる方、 入社1-3年目くらいの方の参考になるかと思います。
さて、広告代理店にご興味を持っていただいており、ありがたいお話ですが、一方で働き方に不安を覚えていらっしゃるとのこと、ごもっともかと思います。
結論から申し上げると、仰っていることに大きな相違はないことも事実です。広告代理店という業界のビジネスモデルの基本は、やはりクライアントワークになりますので、仰る通り、営業を中心に、クライアント起点の働き方は避けられないものになります。

よって、クライアントによる当たりハズレも、正直あります。特に、クライアントが深夜まで働くようなブラック企業であったり、スケジュール管理が全くできず、週末や深夜に平気で丸投げしてくるような担当者であったりすると、非常に苦しめられることになります。
ただ、これまでの広告業界はそれなりの対価をもらっている以上、上記のような状況でも飲み込むしかなかったのですが、 昨今の働き方改革の流れの中で、広告代理店側もクライアント側に書面等で通達を出すなど意思表示をすることもあり、クライアント側も広告代理店側も、意識的にこれらを変えていくべきである、という考え方が浸透しつつありますので、 徐々にではありますが、このような部分もだいぶ改善されつつあります。

もちろん、必ず22時に業務が全て完了するかというと、当然、繁忙期・閑散期の波がある中で、繁忙期や大切なプレゼンの直前などは、とても終わらないこともありますが、 それが恒常的に続くわけではなく、ある時期を過ぎれば落ち着く(=22時より前に帰れる)ことになりますので、それなりの労働時間調整は可能かと思っています。 (さすがに、17時退社は、なかなか厳しいかと思いますが)

いずれにせよ、クライアントのために、最善を尽くすことが当たり前の業界(広告業界やコンサル業界)になりますので、量ではなく質の部分でアウトプットが判断される以上、与えられた時間内ギリギリまで頑張っている社員が大半です。
そういう意味では、単純に効率化して労働時間を短くすることが簡単な仕事ではないので、平日のアフター5は楽しみたい、という価値観でしたら、広告業界はオススメはできないのも事実です。

労働時間が短い企業・業界というのは、社員がギリギリまで努力を積み重ねなくても、極論放って置いても、勝手に収益が上がるような、既得権益や仕組み、投資案件を持っている(≒労働集約型ビジネスではない)ところになります。

ex.)インフラ:通信や電力・ガス、航空・鉄道など、ほぼ国営企業に近い業態は、既得権益の占める割合が大きく、ある程度のベースとなる売上は、特に営業行為をしなくても得られることになります。
デベロッパー:都心の一等地という既得権益を持っているため、(もちろん大きなリスクを背負って建物を立てるわけですが)一度、立ってしまえば、あとは黙っていても賃料収益が入ります。
外資系プラットフォーマー:非常に多くのユーザーが利用するサービスと仕組みを持つことで、媒体としての高い価値を持ち、その広告枠を売るだけで、非常に高い収益が得られます。(しかも実質的に売るのは広告代理店なので、自ら手を動かす必要がない)
総合商社:一昔前までは激務で有名だった総合商社が、昨今ホワイト企業化しているのも、収益の多くを事業投資≒労働集約型ではないビジネスが占めるようになったからです。 もちろん、上記業界で、非常に長い労働時間で働いている方もたくさんいらっしゃいますので、人や部署にも依りますが、あくまで会社全体での傾向として、参考にしていただければ幸いです。

以上、ご参考いただきながら、よくよく業界研究をされたり、OB訪問をしていただくなど、情報収集をしていただき、 それでも広告業界に興味を持っていただけるのであれば、是非ぜひチャレンジしていただきたいなと思っています。

2位 野菜くんさんへの質問


〈回答者Profile〉外資系運用会社 新卒で野村證券に入社し、リテール営業を経験。その後、外資系コンサルティング会社を経て、現在は外資系運用会社にて機関投資家 営業。日系大手金融金融機関の実際、日系から外資に転職して感じた差、転職含むキャリア開発等について微力ながらお伝えできればと思います。
私が認識している日系かつ独立系で新卒採用しているのは5社なので、恐らくそのどこかなのでしょう。

悪気はないと思うので、最初に一言だけ老婆心ながら言っておくと「お話しいただければと思います」は回答者が質問に答えるのが当たり前だと言っているように受け取られる可能性があるので、他の方に質問される時は、別の言い回しにされた方が良いかと思います。言葉って大事ですからね。

本題です。必ずしも所属している会社の規模とその後のキャリアがリンクするとは思いません。例えば、グローバルトップクラスの運用会社だが日本法人は小さいケースや、規模は小さいがニッチで尖った良い運用をしている会社もあります。そう言った会社の場合、規模がその後のキャリア形成のディスアドバンテージにはならないでしょう。 また、小さい所帯であれば1人で多くの業務をこなさないといけません。資料作成、パフォーマンス計測、レポーティング、営業、プロスの作成、当局対応等様々な業務経験を積むことができれば、これは財産になります。
大手ではきっちりと分業されているので、こういった経験を積むことは簡単ではありません(もちろんローテーションの可能性がありますが)。 ここまでは良いことを言いましたが、そうはいっても基本的には下位の運用会社は相対的に待遇が悪く、優秀な人の比率が低いだろうと一般的には考えられます。ですから、下位の運用会社から上位の運用会社に転職することはそんなに簡単ではないでしょう。

また、私が認識している5社のうち3社はリテールのみで、残る2社が機関投資家営業部門を持っています。 もし内定先がそのリテール専業の会社であった場合、そこからリテール以外の業務にチャレンジすることはなかなか難易度が高そうに思います(バックオフィスであればその限りにあらず、またはかなり若いうちのポテンシャル採用であればチャンスがあるかも)。
一方、機関投資家営業をやっている2社のうち1社の方はゴリゴリですが、そこから外資系大手運用会社に移られた方は何名も存じております。
もう1社はよく知りません。 もちろん転職せずにその会社で一貫してキャリア形成していくことも考えられますが、私が認識している5社であれば給料が安いので、そこでずっといるのは私なら嫌です。 (うち1社はやれば給料高いようですが)とにかく言えることは、漫然と過ごしていたら良いキャリアは築けないので(これは大手でも同様ですが、小さいところなら尚更)、仕事に没頭して成果を出してください。

小さい会社であろうが、抜群の成果を出せばその後のキャリアはかなりの高確率で開けるはずです。運用ビジネスが好きなのであれば、その道を目指されるのが良いかと。
頑張って下さい。

1位 yuuuさんへの質問


〈回答者Profile〉 大手広告会社/メディア系部署 非体育会系、留学経験無し、コネ無し、目立った経験無しでも13社内 定頂くことができました。就活は単なるゲームです。受験勉強と同じく正しい情報を もとに対策すれば必ず内定は出るので、気軽に相談してください。
僕も毎日のようにそのような旨のDMを頂戴しております
(自分が死にたいだけでなく、私の就活を妨害した人を殺したいという内容の物も十通近くはいただきました)。

人によって状況は違えど、言えることは「就活で生じた負の感情は、納得できる企業に内定取るか、働いてみて考え方が変わるか」のどちらかでしか解消が難しいんですよ。

だから周囲の人間ができることは、その人から助けを求められた時にできる限り力を貸すことと、あとは就活抜きにしてその人本人と向き合ってあげることくらいなのかなと

いかがでしたでしょうか。 皆さんにとって新たな発見があれば幸いです。

何か追加で疑問が浮かんできた方は、是非「外資就活相談室」で質問してみてください。
就活本では見つからない答えに、きっと出会えるはずです。

それでは、また来週。 ▶回答者一覧はこちら

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)