外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

先輩たちの“エグい”失敗談! vol.1 ~若手社員がハマった「借金沼」~


みなさん、はじめまして!
ジェラシーくるみ(ジェラくる)と申します。

初回の記事ということで緊張してます(笑)。

社会人歴浅めの私が就活生のみなさんにどんなコンテンツを提供できるか考え、みなさんが近い将来なるであろう若手社員にはありがちな、かなりエグめの失敗談を集めてみました。

さて、社会に出ることで使えるお金が一気に増え、会社名や業界名といった“アクセサリー”を手にした若手社員はついつい調子に乗ってしまいがちです。

そういう私もかつて(いや今も?)調子に乗っていましたし、若いうちは調子に乗ってナンボみたいなところもありますよね。しかし、度を越しすぎると取り返しのつかない“沼”にはまってしまうことがあるんです。

そこで、これから社会に出るみなさんに、私の身の周りで実際に起きたエピソードをシリーズでご紹介しようと思います。

シリーズ第一弾の今回は、「借金沼」
沼にはまってしまった3人の男性若手社員のエピソードをご覧ください。

<筆者プロフィール>
ジェラシーくるみ
東大卒、マスコミ・メディア業界勤務の港区在住20代女子。
得意分野は恋愛・ジェンダー関連と夜遊び全般。生息地は六本木・西麻布周辺。
SNSでは恋愛相談だけでなく、就活の相談を受けることも多い。
ツイッターのフォロワー数は1.7万人超
Twitter:@graduate_RPG48


 

合コンで使いまくり、気が付くとキャッシングやリボ払いで滞納/Tくん(28歳・商社)談

入社した4月から、狂ったように合コンしてましたね。

芸能系の女の子とつながってる友人がいたので、そいつに頼み込んでいろいろな子を呼んでもらいました。特に雑誌のモデルとか女子アナと飲めるときはめちゃめちゃ気合い入れて臨んでたなあ……。

高級レストランの個室で一次会、二次会はカラオケ付きバー貸切……みたいな。「接待か!」っていう(笑)。

飲み会の頻度は月に10回くらい。だいたい金曜土曜は朝まで飲み会してましたね。目当ての女の子に出会えなかったり、相手が帰っちゃったりするとすぐ次の子たちに連絡してました。一日にそれぞれ違う人たちと飲み会3回転とかよくありました。

1年目の頃はまだいいんですよね、会社の先輩がいるとおごってもらえるときもあるし。でも後輩ができる2、3年目からはキツくなってきて……。気がつくとキャッシングやリボ払いで200万円くらい滞納してました。

「まあなんとかなるでしょ!」って気楽に構えてたら、ある日カード会社から職場に電話がかかってきちゃったんですよ。

その電話がきっかけで借金していることがみんなにばれたうえ、部でも問題になって……。上司からは厳しく注意というか、警告を受けました。
それでやっと状況の深刻さに気づいて遊びからは足を洗いました
そんなことで迷惑かけるとか、ほんと情けないですよね。

ボーナスも借金の返済に回したので、今は全部返し終わってます。

でも怖いのは、今でも飲み会行くと、パーッとお金使いたくなっちゃうんですよね(笑)。 衝動に駆られるというか。

いい加減、身を固めたいので結婚資金も貯めなくちゃなと思ってはいるんですけどね……。

男友達との“ゴチゲーム”。歯止めが利かず、会社から借金も!/Uくん(26歳・金融)談

自分でいうのもなんですけど、学生時代は真面目でほとんど遊ばず、ひたすらゼミとバイトに明け暮れる日々でした。バイトで稼いでも使わなかったので100万以上の貯金があったんです。社会人になってもこの調子で貯め続けようって思ってたんですけど、そんな甘くなかったですね……。

1年目のゴールデンウィークあたりに、内定者の頃から仲がよかった同期数人と毎週末遊ぶようになったんです。みんなでわーっと飲んだあとは決まってダーツやビリヤード、カラオケ。それだけならいいんですけど、ある同期がギャンブル好きで、「負けた人がその日使った全額をおごろう」って言い始めたんですよ。

最初はみんなビビってたんですけど、止めるのもダサいじゃないですか。それでみんな悪ノリして賭けに参加しました。

負けなければ良いですけど、負けた人だけはすごく悔しい思いをする。するとその負けた人が次の会で賭けを持ちかける。当然みんな自分が負けたら次の会で元を取ろうと躍起になるっていう……。もう悪循環ですよね。

女の子を呼んで人数が倍増する会もありますから、一回負けると普通に10万円くらい飛んでいくんです。

当然ですが、そんな感じで1年以上過ごしていたら貯金がなくなって、ついに会社の貸付制度(編集部補足:「従業員貸付制度」は企業の福利厚生の一つですが、全ての企業に用意されているわけではありません。また、企業によっては資金の使用使途が限定されていることもありますのでご注意ください。)にまで手を出しました。

最後の方はもう意地になって続けてましたね。同期の仲間たちもみんなボロボロの状態で、なんとなくその会が開かれなくなったっていう悲しい終わり方です。

今はようやく会社から借りたお金も返済し終わったので、財形貯蓄制度でこつこつ地味に貯めてますよ。

え、最近ですか?たまに先輩のおごりで合コン行くくらいはいいけど、もうしばらく飲み会はいいかな……。

外車に時計、ガールズバー通いで浪費癖が加速。カードを切りまくることに快感/Kくん(28歳・金融)談

もともと浪費癖があったんです。社会人になって学生時代のバイトとは桁違いの給料をもらうようになって、その悪い癖が加速しちゃいました。基本給料は使い切るのが美学。貯めてどうするんだと思ってました。通帳の残高に中途半端に残ってるとウズウズしちゃうんですよね。

カードを切りまくるのが快感で、先輩にけしかけられて外車や数百万するような時計をノリで買ったこともあります。

一番の原因はガールズバーに通い詰めたことかな。僕はあまりモテる方じゃなかったのでお店に通って女の子たちと会話するだけでも楽しかったし、癒されました。1、2年目の頃は特に仕事がしんどかったですし。

収支が合わなくなるとリボ払いに頼るようになって、一つのクレカの枠を使い果たしたらまた次のカードを作る。カードを使い果たしたら今度はキャッシングと消費者金融に手を出す……って状態でした。

それでも首が回らなくなると、なんとか金を生みだそうと、友人と割り勘で高級レストランに行って、自分のカードの一括払い枠で払って友人から現金を徴収するという自転車操業スタイルで何カ月か生き延びました。

今考えるととんでもない話ですけど、当時は不思議と危機感はなかったんです。昇進すれば払えるし別にいいやって甘く見てました。

ある日、消費者金融に手を出していることが親にばれ、心配した親が代わりに全部返済してくれました。恥ずかしい話ですが。

今は結婚して堅実に暮らしながら、少しずつ親に返済してます。

ジェラくるがあなたに送る<沼にハマらないための三箇条>

いやあ……自分の給料以上のお金を躊躇なく使うとか、息を吸うように借金をするとか、その感覚が私にとってすごく新鮮なので他人事として話を聞く分には、不謹慎ながら「面白かった」ですが……。

もちろん自分で稼いだお金は何に使おうが自由ですし、人や会社に迷惑をかけない範囲でならちょっと収支が合わなくてはみ出ちゃった月があってもいいと思うんですが、個人的に、これはやっちゃいけないな……と思うところもたくさんありますね~。

そこで、彼らの失敗に学ぶ<沼にハマらないための三箇条>を私なりにまとめてみました。

<沼にハマらないための三箇条>
 
その壱、 「社会人になる」=「『自分の暮らし』というプロジェクトにコミットすること」と考えよ
 
その弐、 プライベートのもめ事で上司に迷惑をかけるべからず
 
その参、  せっかく稼いだお金は有意義に使うべし

その壱、 「社会人になる」=「『自分の暮らし』というプロジェクトにコミットすること」と考えよ

まず親に頼るのは論外かなと思います。

そもそも社会人になる、自立する、ということは「自分の暮らし」というプロジェクトにコミットすることだと思うんですね。そのプロジェクトの中にはもちろん「お金の管理」も含まれています。その責任を軽々しく放棄して親に払ってもらうのは、社会人としてちょっと恥ずかしすぎやしませんか?

社会に出て、労働の対価をもらって自分の暮らしを立てていく。みなさんも社会に出たら、仕事だけでなく、社会人として必要な諸々の手続きも、(一人暮らしの人は)家事も、全部自分でやってみることをおススメします

その弐、 プライベートのもめ事で上司に迷惑をかけるべからず

プライベートのもめ事を会社に持ち込むのはかっこ悪いなあと思います。それが会社の人にばれたら恥ずかしいですし、Tくんのように上司に迷惑をかけるなんて言語道断

これを読んでいるあなただって、将来いくら仕事の面で優秀な後輩が現れても、プライベートのだらしなさがダダ漏れだったら一緒に仕事したいとは思わないですよね?

失った信頼を取り戻すのは結構大変です。会社に迷惑をかけるどころか、最悪の場合、懲戒処分もあり得ます。当たり前のことですが、プライベートのことは自分で解決できてこそ、一人前の大人です。

その参、 せっかく稼いだお金は有意義に使うべし

私は特に男性からよく聞く話な気がしますが、仲間内でお金を使い始めると厄介です。

謎のプライドをかけてみんなお金を使いたがりますし、意地を張り合ってその遊びから抜け出せないという事態に陥りがち……。

でも一旦頭を冷やして考えてみてください。

パーっとお金を使うことをモチベーションにしてハードな仕事に耐えている人たちも多いですが、その「派手な出費」ってもっと有意義な使い道がたくさんあると思うんです。自己研鑽や趣味、大切な人とゆっくり過ごす時間……。

せっかく頑張って稼いだお金なんだから惰性で湯水のごとく使うのではなく、しっかり考えて自分の幸せや将来のために使ってはいかがでしょうか。そうやって使ったお金は、きっと将来の自分に良いリターンをもたらしてくれるはずですよ。
 
 
 
もしかすると、このコラムを読んでいるアナタも同じ沼にはまってしまう予備軍かもしれません。

取り返しのつかないことにならないよう、今のうちにこの三箇条を心に刻んでおいてくださいね!ではまた!

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)