ストレスや睡眠不足に負けない体調管理法

はじめに

就活に学業、アルバイト等と多忙な時期になると、夜中までエントリーシート(以下、ES)を書いて、翌日は朝から説明会、夜はバイト…といった生活サイクルも多くなります。

12月以降は寒さと忙しさで体調を崩す人も増えてきますが、体調不良は就活の大敵です。自分自身が辛いのはもちろん、疲労感がにじみ出た顔で面接を受けるのでは印象が良くないのは言うまでもありません。


基本は防寒(特に首周り)、十分な睡眠、うがい手洗い、ほどよい休養・気分転換などにより体調を整えて選考に臨むのが理想的です。

それでも、頑張る人ほど寝不足とストレスは避けがたいものです。寝不足やストレスに起因する体調不良を緩和し、大事な選考に支障がでないよう対策していきましょう。

寝不足やストレスが招く体調不良

睡眠不足やストレスの蓄積は、主に次のような不調を引き起こします。

肩こりなど体の血行不良による不調

睡眠不足によって全身の血行が悪くなり、体がなんとなく重い・痛い等の不快感が現れます。

元々体が硬い、肩こりや腰痛持ちであるという人は要注意です。普段は何ともない人であっても、特に寒い季節はこのような症状が出やすくなります。体がだるいと、やる気が出ないし気分がすっきりしません。

消化機能の低下

よく「ストレスで胃が痛い」「緊張しておなかを下してしまう」と感じる方がいるように、精神的な疲労は消化器官の機能を低下させます。

睡眠不足が加われば、さらに重症化する恐れも。栄養がうまく吸収できずに体が弱っては困りますし、面接の前におなかが痛くなるなんて最悪です。

肌荒れ

肌は寝ている間に再生すると言われていますので、睡眠不足は肌荒れに直結します。また、女性であればメイクをばっちりしたはいいけれど、疲れてクレンジングをしないまま寝てしまったという経験があると思います。

これは毛穴を皮脂や汚れで塞いだまま眠ることになり、肌に悪いのは自明ですね。健康的な印象を与えるためにも、是非肌荒れを避けたいものです。

これらの不調を緩和するには

毎日ほんの些細なことに注意すれば、厄介な症状を防ぐことができます。

軽くストレッチをする

血行が悪くなると全身がこり固まってしまうので、毎日軽くでよいので伸ばしてあげると効果的です。私も体が硬いのでよくわかるのですが、がっつりストレッチしようとすると痛くて毎日なんてとてもやる気になれません(笑)。

前屈をして太ももとふくらはぎの裏側を伸ばしたり、首をゆっくり回したりするだけで結構違いますので、できれば毎日行ってみてください。

また、少し本格的に行うなら、ヨガに挑戦してみるのも良いかも知れません。気分転換にもなると思います。

リラックス効果抜群!自宅で簡単にできるヨガのススメ

消化がよい食べ物を選ぶ

脂っこいものやファストフードを避け、消化のよい食事を心がけましょう。特に、胃腸に負担をかけやすい夜食は注意が必要です。受験勉強や試験勉強を経験してきた皆さんなら、深夜というのは大変お腹が空く時間帯だということをよくご存じだと思います。

そんな時は、とんこつラーメンより野菜入り煮込みラーメン、かき揚げうどんより煮込みうどんです胃腸の調子が悪いからといって食事を抜くと栄養失調になるので、必ず食べるようにしましょう。

肌を清潔に保って保湿する

女性は、帰宅したらできるだけ早くメイクを落としてください。クレンジング剤をケチらずに多めに使用すると、しっかりオフできます。

男女ともに重要なのは、保湿です。乾燥するとガサガサの肌になり、吹出物やシワもできやすくなります。冬場は乾燥しやすいので、肌荒れが気になる方は乳液やクリームで保湿することを心がけてください。

以上の対策は、就活に限らずここぞという頑張りどきや、就職後に仕事が忙しくなった時等に体調管理をする上で有効なのではないかと思います。また、ESを書いている間ヒーリングミュージックを流すという手もあります。CDを借りるのも良いですが、ネット上にもなかなか優れたものがあります。

オンラインで無料で聴ける、心と体を癒すサウンド集

体調には十分気をつけて就職活動を進めていってください!(ライター:ray)

facebook公式ページを

関連記事